仕事を辞めると打ち明ける!角が立たないポイント解説!

仕事を辞めることを考えているものの、どのように打ち明けたらいいものかと思案しているという人は少なくないでしょう。上司との関係を損なうことなく辞めるためには、どのように伝えるか、またどのタイミングで伝えるかが大きなポイントとなります。ここではスムーズな退社のために仕事を辞めると打ち明ける方法をご紹介していきます。

この記事は約11分で読み終わります。

・退職理由は本音と建前セットで考えておくことでスムーズに仕事を辞めることができる

・即日退社をしたいなら、翌日から有給を消化して辞めるという方法もある

・通常は1カ月前には退職の意思を伝えておくのが円満退職のカギ

最も多い仕事を辞める理由って?

仕事を辞めたいと思う理由は人によって異なるものです。

他の人達はどんな理由で仕事を辞めているのか気になりませんか?

仕事を辞める理由の上位5つをランキング形式にまとめてみました。

第1位 上司の仕事のやり方が気に入らなかった

第2位 労働時間・労働環境に不満

第3位 人間関係がうまくいかなかった

第4位 給与が低かった

第5位 仕事内容がおもしろくなかった

もしも今仕事を辞めることを考えているなら、この中に当てはまる理由はありますか?

では仕事を辞める理由ランキング上位5位に入った理由を、さらに詳しく解説していきますね。

第1位 上司の仕事のやり方が気に入らなかった

自分の失敗は部下に押し付けて部下の手柄は自分の手柄にする、そんな上司のもとでは気持ちよく働けないと考えて仕事を辞める方は少なくありません。

また、自分勝手な行動をする上司に振り回されていたり、仕事を任せてくれるもののトラブル発生時には何のフォローしてくれない上司だったりすると嫌気がさしてしまい、辞めたいと思うようになります。

第2位 労働時間・労働環境に不満

残業時間が長く、毎日終電間際まで仕事をしなければならないような状況が続く環境だと、自分のため家族のための時間がなかなか取れません。

また長時間労働が続くと、体調を崩してしまったり、精神的にまいってしまったりすることもあります。

看護師などのハードな仕事は、この理由で辞めていく人が結構います。

第3位 人間関係がうまくいかなかった

新卒で入ったものの、同期とうまくいかなかったり、上司との関係もぎくしゃくしてしまったり

仕事内容や給与には不満はないものの、人間関係での悩みが大きくなって仕事を辞める人も少なくありません。

第4位 給与が低かった

労働時間・労働内容と比べて給与が低い、と感じると仕事にやりがいを感じにくくなります。

正社員として採用されているものの、「時給計算するとパートの方がマシ」ということもあって、それが仕事を辞めたいと思う理由となることがあります。

特に新卒で入った人や体力が求められる看護師の中には、このように感じて辞めるというケースが多々あります。

また実績が給与に正しく反映されていない、同僚と比べて正しく評価されていないと感じる場合も転職を考え始める人が少なくありません。

第5位 仕事内容がおもしろくなかった

仕事内容が単調だったり、やりがいを感じることができにくい仕事内容だったりすると、仕事を続けることに苦痛を感じる人が多くいます。

そのような場合、もっと違う職場で楽しく仕事をしたいという思いから、仕事を辞めることを考え始めるようになるものです。

目次に戻る

本来の辞める理由は伝えるべき?会社へ伝える退職理由とは

会社を辞めることを決断した方の退職理由として多いのが、「上司の仕事のやり方が気に入らなかった」「労働時間が長い」「職場の人間関係がうまくいかなかった」「給与が低かった」などです。

とはいえ、上司に退職理由を伝えるときに「あなたの仕事のやり方が気に入らなかったので」「会社の労働時間・労働環境が劣悪だったので」とはいえませんよね。

ですから、上記のような理由で仕事を辞めることを決断した場合には、その理由をうまく変換して伝えることが大切になってきます。

「労働時間が長い」「残業が多い」といった理由で仕事を辞めることを考えているのであれば、家庭の事情を理由にすることができます。

今の労働時間では親の介護のため、もしくは子どもの世話のために十分な時間を取ることができないため勤務時間を短くしたいということを伝えるといいでしょう。

そうすることで、仕事を辞めるのは自分がきついからというよりも、あくまでも家族のためだということを印象づけることができます。

給料が低い、上司の仕事のやり方が気に入らないという理由で仕事を辞めることを考えているのであれば、スキルアップのために退職したいということを伝える方法が効果的です。

もっと成長して高い給料をもらうことを目指しての転職になりますし、できる上司のもとでスキルアップしたいという目的での転職になりますので、嘘の退職理由ではありません。

職場の人間関係がうまくいっていないことが理由で仕事を辞めることを考えているのであれば、自分の能力を高める新たなチャレンジをしてみたいということを理由に退職したいということを伝えるのが効果的な方法です。

新たな環境でチャレンジしたいということは、今までの人間関係を一度リセットしたいということでもありますので、この理由も嘘ではないと考えることができます。

退職理由としてあからさま嘘をつくのは誰でも気が引けるものです。

ですから、本音の部分をどう変換して伝えるかということを考えて退職理由を伝えるようにしましょう。

そうすることで自分の正直な気持ちとして上司に伝えることができるので、後ろめたい思いをすることはありません。

→会社をやめるための理由を詳しく解説

目次に戻る

今すぐにでも…仕事を最速で辞める裏ワザ2選!

仕事を辞めることを考えている人の中には、「今すぐにでも辞めたい」「できるだけ早く辞めたい」という人もいると思います。

しかし法律の規定によると即日退職というのはNGです。

最低でも2週間前には辞める意思があることを伝える必要があります。

もちろん会社が認めてくれれば即日退社も可能にはなりますが、通常は「急に辞められても困る」という職場がほとんどだと思いますので、辞める意思を伝えてから最低2週間は我慢して通勤しなければなりません。

でも「どうしても明日から仕事は行きたくない」という場合、有給休暇を消化することで即日退社を可能にするという方法があります。

有給休暇が10日以上残っている場合は、退職を申し出た翌日から有給を消化するようにすると、残りの期間は職場に顔を出す必要はありません。

正確には即日退社とはなりませんが、会社に2週間以上は籍を置きながらも仕事をする必要はありませんから、即日退社とほとんど変わらないといえるでしょう。

もしも有給が30日など多く残っている場合は、せっかくなので全部消化した後を退職日とすると給料をもらいながら休めるのでおすすめです。

有給を使って即日退社をしたいという場合は、事前準備をやっておく必要があります。

仕事を辞めるにあたって必要となる書類を準備しておきましょう。

退職願(有給を使う場合は、使い切った日にちを退職日として記入)

有給届

会社からもらう必要のあるものをリストアップする(離職票、雇用保険被保険者証、健康保険被保険者資格喪失証明書、年金手帳など)

会社からもらう必要のあるものは、後日郵送で送ってもらうようにお願いしておくと便利です。

また次のものは会社に返却しなければなりませんので、準備しておきましょう。

社員証

ネームプレート

制服

名刺

健康保険証(有給を使う場合は、有給を使い切った後に郵送する)

大切な点ですが、会社に残された人達が少しでも楽に仕事ができるように引き継ぎ用の書類も用意しておくようにしてください。

引き継ぎ用の書類には、業務内容だけでなく自分のおこなっている業務の進行具合などについてまとめておくといいでしょう。

目次に戻る

退職を切り出すベストタイミングとその方法

会社の繁忙期に退社を切り出すと、上司から「今はそれどころじゃない「繁忙期が過ぎてから話は聞く」といわれてしまう可能性が高いです。

また大きなプロジェクトが進行している間も退社を切り出すタイミングとしては良くありません。

繁忙期や大きなプロジェクトが進行中のときには、上司もカリカリしている可能性がありますので、退職したいと伝えるのはいつも以上に勇気が求められます。

退職を切り出すタイミングとしてベストなのは、会社の閑散期や大きなプロジェクトが終わって一段落したときです。

そのときには、上司の気持ちにも余裕があるので落ち着いて話をしやすくなります。

仕事を辞めることを決断したら最低でも1カ月前には退職したい旨を伝える機会をもらっておくようにしましょう。

“最低でも”1カ月前ということですので、機会があるようであれば退職の2~3カ月前には伝えておいても問題ありません。

退職の時期まである程度日数があると引継ぎなどをしっかりとして退社することができますので、辞める決断したときから話す機会をもらうタイミングを探すようにしましょう。

上司にも話す機会をもらったら個室で、つまり他の人の耳に入らない環境で退職について話すようにしましょう。

退職の希望日までに2~3カ月ある場合、事前に同僚に退職することを考えているということが伝わると退職までの期間仕事がやりにくくなる可能性がでてきます。

ですから波風を立てずに退社したいという場合は、上司と2人だけのところで退職を切り出しましょう。

ストレートに「今後のことでお話があるのですが…」「大切なお話があるのですが…」と切り出してしまうと、上司はすぐに「これは退職についての話だ」と気付いて警戒されてしまいます。

ですから、「相談があるのですが…」「いま少しよろしいでしょうか…」と切り出していくのが、上司に退職話を話す際の良い方法です。

とはいえ、相談という雰囲気が強く出てしまうと上司が「引き留めることができるかもしれない」と考えて、退職を慰留されることがあります。

そのため、「相談があるのですが…」と切り出しますが、辞めることを決断しているのであれば「退職させていただきたいと考えています」とはっきりと伝える勇気が大切になります。

ちょっと待って!その退職 就業規則違反じゃない?

それぞれの会社には使用者と労働者のルールを定めた就業規則というものがあり、この中には退職に関する事柄も含まれています。

多くの会社では退職を希望する日の1~2カ月前までに申し出るということが定められています。

円満に仕事を辞めることを願うのであれば就業規則を確認して規則に沿う形で辞めるようにしましょう。

そうすることで、上司から「退社は受けいれられない」と言われる根拠を与えずに済みますし、退職金が満額支払われない、有給休暇の消化が認められないといったトラブルを避けることができます。

退職金制度がある会社にもかかわらず、会社の恣意的な理由で退職金が満額払われないということも退職の際のトラブルとして多いもののひとつです。

退職金に関してもそれぞれの会社で規定がありますので、いくら退職金を受け取ることができるかを把握しておくようにしましょう。

事前に人事部の担当者に確認を取っておくと、退職金が不当に減額されるということを避けることができます。

有給休暇は労働者の権利として労働基準法で定められていますので、退職までの期間に有給休暇を全部使うことができます。

この点はパートとして働いている場合も同じですので、有給が残っている場合は退職までに使わせてもらうようにしましょう。

とはいえ、退職日までの期間が短く、その期間内に引継ぎがおこなえないと上司が判断すると、有給休暇の使用を認めないことがあります。

円満退社をしたい場合は、「○月○日までは引継ぎをして、その後有給休暇を消化させていただいた上で退職します」というような言い方をすることで、有給休暇を認めてもらいやすくなります。

会社の就労規則に沿って退職しようとしているにもかかわらず、「辞めるのであれば損害賠償を請求する」と脅されることも稀なケースとしてあるようです。

損害賠償を請求される正当な根拠がないと思えるときは、労働基準監督署などの行政機関に助けを求めることができます。

退職の意志をはっきりと示しているにもかかわらず会社側が退職を認めない場合、労働基準監督署から会社へ指導がおこなわれることになっています。

もしも労働基準監督署からの指導を受けても会社側が退職を認めてくれないという時は、労働局に相談することができます。

仕事を辞めると伝えた後に、「仕事に来なくなった」という人も中にはいます。

しかし無断欠勤をすると心証が良くありませんし、会社側が賠償請求をしてくる可能性もゼロではありません。

また懲戒解雇されることもありますから、再就職の際に不利になってしまいます。

これはパートでも同じです。

「立つ鳥跡を濁さず」といいますから、円満退職のためには残りの期間もきちんと出勤してこれまで働いてきた職場に感謝の気持ちを示すようにしましょう。

目次に戻る

まとめ

仕事を辞めるというのは大きな決定ですし、円満退職のためには辞めることを打ち明けるタイミングなどにも気をつける必要があります。

仕事を辞めることを決断している場合は、こちらでご紹介した方法を参考に、退職の準備をしてみてください。もしも退職することでトラブルが発生した場合も、落ち着いて対処することで円満退職につなげることができます。