もしかしてそこブラック企業じゃない?見分け方のための4個のポイント

ここ10年ほどで市民権を得た言葉の1つとして「ブラック企業」という言葉があります。ご存じの通り、ブラック企業とは長時間労働を強いるわりに賃金が安い、社内では罵声や暴力がまかり通っている、また反社会的な企業活動しているなどの非人道的な会社を指します。では、このようなブラック企業で働いたらどうなってしまうのでしょうか。また、ブラック企業に関わらないようするためにどのようなポイントを確認すればよいのかを本編ではご紹介したいと思います。

この記事は約16分で読み終わります。

ブラック企業でも確実に辞められる方法とは⁉️

ブラック企業に入ってしまうとこうなる

では、ブラック企業に入ってしまうとどのようになってしまうのかというと、結論から言えば、ボロボロになるのか、鉄の体と精神が身に付くかの2択です。

そんな大袈裟な!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、次の事例を見たらそう思わざるを得ないと思えるでしょう。

事例1:18時間労働が毎日続く

労働基準法では1日の労働時間は8時間と定めています。しかし、とあるブラック企業に入社した方は、朝5時に出社、夜12時の退社が毎日続きました。

通勤時間を片道30分と見積もったとしても睡眠時間は3時間とれたら良い方です。

フランスの将軍として知られたナポレオンは3時間睡眠で眠らない人の代名詞ですがブラック企業にはナポレオンのような方々が沢山いらっしゃることになります。

しかし、現実はそんなに強靭な方が沢山いらっしゃるわけではありません。このような勤務体型をとることにより疲弊し、死んだ目をした方々がこういったブラック企業で勤務しています。

事例2 :残業代は当然支給なし、貧乏暇なしを実現してしまう

こちらも労働基準法には、8時間以上働いた場合には超過労働時間分は時給換算した金額の1,25倍を支払うよう、また10時以降の深夜残業についてはさらに深夜残業分1,25倍の割増賃金を支払うことが規定されています。

しかし、ブラック企業の辞書には残業代という文字はありません。正確にお伝えするならば、人事規程上には残業代の記載があっても、形骸化しているという傾向にあります。

述でご紹介した毎日18時間労働をされている方は、当然のように残業代が支払われないまま残業していました。しかも年収は額面20万円×12か月の240万円、手取りは当然もっと少なくなります。俳人石川啄木の「働けど働けど我が暮らしは楽にならざりき」を体現する形になるのです。

事例3:パワハラ上司が当たり前にいる

では、残業が少ない会社であればブラック企業ではないかと言うとそうではありません。

証券会社などの金融系企業や、投資用不動産などに多いパターンとして、「死ね」や「売ってこなければ会社に帰ってくるな」という怒号が社内に響いている会社がまだ存在しています。

また、酷いのは受話器を持たせた手をガムテープ巻きにして、ひたすら営業電話をさせるよう指示を出すと言うことをやらせる会社もまだ存在しています。

実際、ある社会人一年目の営業マンは、朝から受話器を持った手をガムテープしばりにして、後ろからマネージャーが怒号を危機ながら営業活動をさせられていました。面接で実際そのような惨状をお話になる方も非常に多くいらっしゃいます。

平成の世の中でも、第二次世界大戦時代の恐怖政治がまかり通っている会社がいまだにあるのです。そして、そういう会社で働いた方で、精神的にやられて働けなくなったという方もいらっしゃいます。

事例4 重大なコンプライアンス違反がまかり通っている

現代はコンプライアンス社会と言われています。法令はもちろんのこと、倫理、社会通念にそぐわないことをする企業はインターネットを通じて袋叩きに合います。

事実、今ある銀行で不動産投資の融資を通すため、融資の際に必要な資産情報の改ざんを手助けするといった不正融資に会社全体で関わっていた疑惑が報道されています。これが事実がどうかというのは真実解明が待たれるとして、会社の評判を下げていることは事実です。

しかしそれはあくまでも大企業の話で、ある程度名前のとおった企業でないとマスコミもネット民と呼ばれる方々もよほどでないと食いつきません。そのため、まだまだコンプライアンス違反を働いている会社は水面下で多数存在しています。

そして、そういった法令違反、倫理上そぐわないことを会社に命令されて行うようになり、あなたが培ってきた正義感、倫理観が壊れる、もしくはあなたの精神が壊れてしまいうつになるということも場合によってはあります。

上記銀行の行員も、もし上記でお話ししたコンプライアンス違反を犯していたのなら、おそらくコンプライアンス違反を行うことに慣れていて正義感、倫理観が崩れているか、もしくは精神的につらい思いをしていることでしょう。

事例5:辞められない

民法には労働契約は退職日の2週間前に申し出れば一方的に解約できる旨記載をされています。

しかし、ブラック企業は退職の就労規則には、半年前に申し出る旨が記載されていたり、退職交渉に入った段階で「辞めるなら給料を払わない」や、「お前の人生無茶苦茶にする」旨脅されるケースもあります。

実際こんなことがまかり通ることは許されません。しかし、必要以上神経をすり減らされるということは間違いありません。ブラック企業で働くことは、働くも地獄、辞めるのも地獄という地獄の一丁目に足を踏み入れるのということになるのです。

このようにブラック企業で働くことにより、体力と精神ばかり使い、肝心なお金はあまりもらえません。それどころか辞めるのも大変だし、場合によっては倫理観や正義感まで崩壊してしまうということになってしまうのです。ただし、このような環境で働けるようになれば間違いなく鉄の精神を身に着けることができます。

ブラック企業でも確実に辞められる方法

今流行りの「退職代行サービス」知ってますか?

退職を申し出るのがこわい」「もう会社に行きたくない」というあなたの代わりに、あなたの会社と退職手続きを進めてくれます。

まじで辞めれます!これが本当でまじで辞めれます!あなたはもう会社に行かなくてもいいんです。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
今すぐLINEで無料相談

ブラック会社の特徴とは?

では、次にブラック企業の特徴についてお話をしたいと思います。

中小企業はすべてブラック?

中小企業というと、オーナー会社、一族企業でブラックなイメージを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。しかし、結論から言えば中小企業はすべてブラックということはありません。確かに、中小企業だと会社が小さいため、社長、創業一族の好き勝手がまかり通ることも事実です。

事実、転職理由を面接で挙げた時に、創業一族の従業員を考えない振る舞いに我慢ができず退職したいといとおっしゃる求職者の方は多数いらっしゃいます。

その一方、中小企業でも非常に社員満足度が高く、社員が長期的に定着する会社も存在しています。

例えばジェイメックという会社をご紹介します。扱っているのは、皮膚科や美容形成外科で扱っているレーザーで、脱毛ややけどの修復等に使用する機器です。これらの機器を海外から輸入し、日本人用にアレンジしたり、自社で製造しています。

ジェイメック社の従業員規模は100人程度ですが、実は日本国内の美容レーザーにおいて40%のシェアを誇っています。しかも、多数の女性社員が活躍されており、産休育休の取得が可能なのはもちろんワークライフバランスを担保できています。

ではこのジェイメック社はなぜこのようなことが実現できているのでしょうか。それは、同社が、市場が小さな段階から日本の用美容機器市場に参入したことが理由です。

医療機器は外資系の企業が非常に強い中、美容系の医療機器において外資系企業は例外的に弱い状況であったので、市場におけるイニシアティブをとってきました。

結果、業界シェア率40%という日本の医療用美容機器のパイオニアとしてとして市場に強い影響を与えています。

この例は極端かもしれませんが、少数精鋭でしっかり足についた事業を行っている会社は非常にたくさんあります。中小企業だからブラックだという発想は、きわめて短絡的であると言えます。

会社名を検索してみよう!

会社名を検索してみると、ブラック企業であればあらゆる匿名掲示板等に、あらゆることが書かれています。特に皆さんがご覧になるのは転職口コミサイトでしょう。しかし、最近の転職口コミサイトはそんなに悪いことが書かれているわけではないので口コミサイトの内容から一見わかりづらいところがあります。

例えば、2chのブラック企業ランキングの上位にノミネートされているある会社の口コミを一部抜粋の上ご紹介したいと思います。

残業に対する取り組みは声掛けと形ばかりのシステム運用のみで、内容が伴っていない点が散見されます。 また、残業がありますが、残業代は正当には支払われていない現状があります。事業所での残業時間は20日出勤で残業はあり40~60程度ととされますが、休日の出勤や自宅での業務は通常企業と同じくらいかそれ以上に要求されることもあります。

各社ブラック企業と呼ばれる企業の中で比較的辛辣に書かれたものを抜粋させていただきましたが、非常に淡々と描かれています。そのため、一見そんなにキツい会社に見えない場合もあります。

しかし、よくよく見ると、残業代はあまり支払われない、残業、休日出勤、また通常業務では終わらないくらいの仕事をさせられるという、冒頭で紹介したブラック企業の特徴をよくつかんでいます。

このように、ブラック企業における口コミサイト書き込みというのは、事実ベースの具体的なマイナスポイントがちりばめられています。こういった書き込みがところどころで散見されるのがブラック企業の特徴だといえます。

目次へ戻る

求人が出てる時点で見つけるブラック企業の見分け方

実は求人票からもブラック企業であることを読み取ることができます。本章では求人票からどうやってブラック企業であるのかを読み取る方法についてご紹介します。

求人広告でみるチェックポイント4個

では、求人広告すなわち転職サイトに掲載されている求人の中か、どうやって見分けるのかについて4点お話しします。

・ ずっと求人を掲載されている会社はブラックと考えよう

ブラック企業は常に出入りが激しいです。そのため、常に欠員を補充し続けなければなりません。ずっと求人を掲載しているということは、それだけ常に人が出入りしていることの証明になります。そのため、ずっと求人サイトに求人を掲載している求人というのはブラックの可能性が高いのです。

ただ、大手外資系の求人もずっと掲載されていますが、それは例外です。多くのよい人材に会いたい、また転職エージェントはコストがかかるので、コストをかけないようにするというコンセプトのもと転職サイトに継続的に掲載しているケースが多いです。ずっと求人を掲載しているから、イコールブラックではなく、その傾向が強いということなのでそこはしっかり認識しておきましょう。

・ やたらと若手が活躍を謳う

若手の活躍というのは一見非常に良いことのように見えますが、必ずしもいいことではありません。

なぜなら、若手ばかりの会社というのは、年齢の高い社員が少ないということになります。つまり、長期定着できない環境であることを示していることになります。

一概には言えませんが、本来良い会社というのは若い人も年齢の高い方も活躍している会社なのです。

・みなし残業代で賃金を水増ししている

営業職の求人にありがちなのはみなし残業の割合が多い求人です。

みなし残業とは、実際に残業した、しないに関わらず、あらかじめ給与の中に一定時間分の残業代が含まれて支払われるもので、営業職をはじめ、 研究職やデザイナーといった専門職等、正確な労働時間が把握するのに難しい職種に適用されることを想定した制度です。

しかし、実情のみなし残業に関しては、給与のかさ上げに使われることが多く、みなし残業代を抜いた金額を時給換算するとかなり低くなってしまいます。

これは実際ある会社で提示された給与です。社会人2年目の営業職の方で、年収280万円で内訳は23万円の12か月という形でしたが、この給与にはみなし残業60時間が含まれています。この金額を時給換算すると以下の数式になります。

23万÷20日=日給11500円

60時間÷20日=3時間 1日の残業時間は3時間

時給をAと仮定した場合

A×8+1.25A×3=11500円

A=1243円

ほとんど都市部のバイト代に近い金額になってしまいます。

このように、みなし残業は本来、正確な労働時間が把握するのに難しい職種において、適用されるお仕事であるはずなのに、バイト並みの賃金で働かせるための手法に変わってきています。

このように、ブラック企業は低い賃金で長時間労働をさせるために、みなし残業という方法を使います。最近は、厚生労働省の指導から、転職サイト給与欄には残業代なしの給与とみなし残業代の内訳を記載することがルールとなっておりますので、その点をしっかり確認をしておくことが必要です。

・製品やサービスの良さを謳わず、夢・感動・成長 といった玉虫色のワードを多用している

転職サイトの求人は、いわば「求人広告」です。人材を採用したいと思ってお金を出してくれている企業のために、宣伝文句を謳わなければなりません。そして、この「求人広告」に掲載されている求人の大半は営業職です。

そして、営業職の求人におけるの見極めというのが重要となるのですが、良い企業の求人であれば製品のシェアが大きい、また品質の高く市場に評価されていれば、売上高、会社の成長率などといった客観的な数値を出すことができます。

また、労働時間に関してもワークライフバランスを謳うのであれば、平均残業時間などを記載すれば転職希望者を集められることができます。しかし、誇大広告を出すと問題となりますので嘘を求人に掲載するわけにはいきません。

そのため、広告内で伝える言葉は「夢」、「感動」、「成長」という耳当たりのよい言葉を多用し、なんとなくよさそうな会社に見せます。

しかし、実情は何も会社として売り込むものがないためよくわからない上記のワードを使うにすぎないのです。当然、そういった会社はクライアントに訴えかけるものがありません。

こういった会社は、力技での営業活動、すなわち上述で話したような受話器を持った手をガムテープ巻きにしたり、上司に「売れ」と怒号を浴びせながら売るような環境の中で営業活動を行うといったケースが見られます。

はっきり数値化できるもの、明確な製品メリットの記載がなくて「夢」、「感動」、「成長」といったワードを多用しているものはブラック企業の求人が高いとお考えください。

転職エージェントから紹介された案件はすべてホワイト?

さて、インターネット上では転職サイトの求人はブラックが多くて、転職エージェントからの求人はホワイトだという方もいらっしゃいますがそれは本当でしょうか。

結論から言えば正解に近いと言えます。なぜなら、一人頭の採用単価が違うからです。転職エージェントを使って一人採用をすると、採用した人材の理論年収の30%を程度を企業は支払うことになります。400万円の年収の方を採用した場合、120万円程度を企業は支払うことになります。

しかし、転職サイトは掲載料50万円クラスで複数名の採用が可能となりますので、一人頭の採用単価が異なります。

つまり、転職エージェントを使う会社はある程度お金がありますし、高いお金を支払って採用することになるので早々に退職されてしまっては困ります。ブラック企業は転職エージェントを使うメリットが低いのです。

ただし、どんなものにも例外はあります。そのため、転職エージェントの求人がすべてホワイトであるかといえばそうではありません。ブラック企業の求人に当たりにくくなる策として転職エージェントを使うことが良いという点をご認識いただけたら良いです。

ハローワークの求人票からブラック企業を見分ける

ハローワークの求人票からブラック企業を見分ける方法ですが、結論から言えば難しいとお考えください。その理由は、ハローワークの求人票の内容があまりにも記載が薄く、判断材料が少ないからです。また、ハローワークの募集は企業側はコストをかけないで行うことも可能なので使い捨て採用も可能となります。

以上のことからブラック企業に行きたくないのであればハローワークを使わないということが得策といえます。

目次へ戻る

面接ではここにチェックブラック企業の見分け方

面接ではこういうとこでブラック企業を見分ける!

面接でブラック企業を見分ける方法についてですが、1点あります。それは面接官の振る舞いです。ブラック企業の面接は、極端なケースが多いです。

具体的に言えば、求職者を必要以上に持ち上げ、自社はいい会社だとアピールするケース非常に高圧的な態度で臨んでくるケースの2パターンに分かれます。

その判断はなかなか難しいものとなりますが、面接の中で違和感を感じるか、感じないかというところを判断基準とすることが良いです。

目次へ戻る

内定~初出社で気付ける!ブラック企業の見分け方

では、内定、および入社後においてどの点にフォーカスすればブラック企業と見分けられるのかという点についてお話をしたいと思います。

内定が出るタイミングでブラック企業を見分けられる?

まず、内定のタイミングでブラック企業と見分ける方法があるとすれば、内定通知書の記載内容です。見るポイントは2点です

・ 賃金に関して

上述でもお伝えしましたが、みなし残業の有無とみなし残業の給与割合です。ブラック企業はみなし残業代で賃金をかさ上げする傾向にあります。そのため、給与を時給換算し、本当に適正な金額かどうかをお考えください。

ちなみに、上述で紹介した会社は60時間のみなし残業を記載していますが、たいていの会社は60時間以上残業し、それ以上の残業代が支払われることはほとんどありませんので、あなたが計算した金額以下の時給になることが濃厚であることも認識しておくとよいでしょう。

・ 試用期間が長い、また本採用との賃金のギャップが大きい

たいていの会社の試用期間というのは最長6か月です。それ以上設定している会社というのは何かしら裏があると考えるのが相当です。また、試用期間中給与が低く見積もられる会社もありますが、こういった企業は少しでも従業員にお金を支払わないという考えのある会社です。

そういった会社はブラック企業の可能性が高いとお考えください。

初出社の時に違和感?ブラック企業を見分ける

初出社のタイミングだと少し遅いかもしれませんが、このタイミングでブラック企業と見分ける方法は2点です。

1点目は、面接時に聞いた話と実際があまりにも異なる

あなたが質問したり、説明を受けた内容と実際が異なる場合、あなたを入社させるためにうそをついていたことになります。面接の中で話した内容と、入社後聞いた内容が異なるという話は非常に多くありますし、内定通知書で提示した賃金を入社した後、一方的な不利益変更を行う企業もあります。

そして、こういった話がされるのは、入社後のオリエンテーションのタイミングです。そこで面接の話と相違点がないかしっかり確認をしましょう。

2点目は、感覚的な話ですが、社内の雰囲気です

ブラック企業は社内の雰囲気が淀んでいたり、大声が響き渡ったりと何かしらおかしい雰囲気をだしています。そういった感覚的なところも大事にしてください。

目次へ戻る

ホワイト企業の求人とは

では、ホワイト企業の特徴とはどのような点でしょうか。まず大前提として、ホワイト企業については明確な定義がありません。しいて言うなら、社員定着率が高く、離職率が低い会社を指しています。

では求人にどんな特徴があるのかですが、以下の2つがそろっている会社といえます。

・年収が高く、福利厚生がしっかりしている

標準的な年収より高く、有給取得は容易にできる、あらゆる研修を受けられる、扶養手当、保養所、退職金などのあらゆる福利厚生が整っています。

・残業が少ない・休みが多い

長期定着できるように、残業時間をへらし、カレンダー通り、もしくはそれ以上の休日を設定されているのもホワイト企業に関する特徴です。

ただし、こういった会社はそもそも求人が転職市場に出回ることが少ないです。そのため、ホワイト企業の求人を探すというより、ブラック企業に入社しないこと、そして自身がやりたい仕事ができるということを最重要視したうえで転職先を探すということが重要となるのです。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
今すぐLINEで無料相談