あきらめるのは早い。社会不適合者が向いている仕事15個

このところよく耳にするようになった「社会不適合者」という言葉。社会不適合者とは一体どういう人を指すのか? もしかして自分もそうではないのか? また、社会不適合者が生きていくにはどんな道があるのか? そんな疑問や不安にお答えします。

この記事は約15分で読み終わります。

社会不適合者とは?どんな人を指す?

社会不適合者とは、一般社会の要求に応えて生活することが困難な人。簡単に言えば、社会の一般常識やマナーに対応できない人という意味です。

初対面だと人見知りするとか、どちらかというと人づきあいが苦手という程度の話ではなく、普通に挨拶や会話をしたり、チームで協力して作業をしたりといったことがスムーズにできない、もしくはやろうとしない人ということになります。

具体的にその特徴を見ていきましょう。

・時間にルーズ

社会不適合者の代表的な特徴のひとつに、時間にルーズということがあります。日本人は概して、時間に対してはきっちりとした人が多い社会ですが、そうした概念がない人がいます。

待ち合わせ時間に毎回遅れる。人を待たせて悪いという感覚が希薄で、何の連絡もせず、悪びれた様子もなく遅刻してくる。そこには、責任感や罪悪感という、普通の人ならば当然持ち合わせているであろう感覚が欠如しています。

企業では遅刻だけですぐにクビになることはありませんが、当然、給与や昇進査定には影響し、左遷されたり、出世の道が閉ざされてしまう可能性は大いにあります。

・コミュニケーションがとれない

あいさつは人間関係、コミュニケーションの基本。「おはよう」や「こんにちは」があってはじめて、関係は広がり、深まるものですが、中にはそのあいさつすらできない人がいます。

恥ずかしがって相手を無視してしまったり、人への不信感、あるいは自分への自信のなさが原因で、あいさつができないという行動につながってしまうようです。

しかし周囲からは、あいさつができない人というレッテルを貼られ、社会人であれば、それだけでマイナス評価につながります。自分の中でコミュニケーションが取れていないことへの問題意識があればいいのですが、意識すらしていないようであれば、改善していくのも容易ではありません。

・他人を信用しない

社会不適合者には、周りの人を信じられない、信用しないという人が多いです。

他人を信じず、疑うような気持ちで見ていれば、当然、周囲とは距離ができますし、言葉に出さずとも、その思いは表情や仕草に現れます。周囲の人もそれを感じ取って自然と離れていき、結果的にますます孤立していくことになります。

人を信じられなくなったその原因がどこにあるのかを、しっかり自分で把握することが大事です。

・嘘つき

誰でも日常の中で多少の嘘をつくことはあると思いますが、中には、まるで息を吐くように嘘をつく人がいます。

仕事でミスをした時にも、無理やりに自分の正当性を主張したり、誰かにミスを押し付けるために、嘘でごまかそうとします。

そういう人は、人一倍プライドも高く、自分の間違いを認めることができないのです。自分をよく見せたり、よく思われたいという思いが強く、嘘をつくことで相手がどう思うかということは考えようとしません。

しかし嘘も自覚できているうちはまだしも、それが日常になると、次第に嘘と本当の区別もつかなくなり、周囲からはおかしな人、信用できない人という目で見られ、相手にされなくなってしまいます。

・劣等感が強い

人と比べて自分はダメだ、負けていると、いつも劣等感にさいなまれている人も、社会不適合者には多いです。

そういう人は発想がネガティブになりがちで、「どうせ自分なんて、何やってもうまくいくはずがない」と決めつけ、引きこもってしまったりします。それが長引けば、やがて精神的に疲弊し、うつ病などを発症してしまう可能性もあります。

人と比べることが悪いことではありません。劣等感をバネに、成長する人もいくらでもいます。しかし、自分が人よりも上か下かだけに関心を持ち、自分が上と思えば、ほくそ笑んで勝ち誇り、上から目線で相手に接する。逆に下だと思えば、悔しさで相手を無視したり、憎むようになる。そんな心境からは何も生まれてはきません。

目次へ

社会不適合者は死ぬしかない?病気なの?

社会不適合者の特徴を見てくると、普通の人として社会生活を送るのも困難で、絶望的なように感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

上で挙げたような特徴も、人によって、程度にはかなりの幅がありますし、タイプにも差があります。言いかえれば、そうした資質はその人の「個性」とも言えます。

ただし、社会不適合者の特徴は、うつ病対人恐怖症(社会不安障害)などの精神的な疾患を抱える人と重なる部分も多く、そうした病気につながりやすい性質ではあることも事実です。あまりにも自分の考えが極端だったり、最近一段とその傾向が強まったと感じる人は、専門の本を読んだり、病院やカウンセリングで相談されてみるのもいいでしょう。

ただ言えるのは、こうした社会不適合者の性質を抱えた方が、普通の会社員として暮らしていくのは、難しいかもしれないということです。

なぜなら会社組織というものは、コミュニケーションなしでは成り立たないものであり、基本、チームの一員として相手に合わせた動きが求めれられるもの。

普通の人には当たり前なことですが、社会不適合者にとっては、喜びよりもずっと苦痛が多い環境なのです。

目次へ

 社会不適合者に向いている仕事例

社会不適合者に向いている仕事とはどんなものしょう。

まず基本的に、人とそこまで関わらなくてよい仕事であること。コミュニケーションを取るのが苦手な社会不適合者の方には、接客業は向いていません。

そして、あまり時間などの拘束がきつくない、比較的自由な働き方ができること。組織の中でなじめない社会不適合者の個性が、ここでは大いに活きてくる可能があります。

下記に挙げる職業例を仕事選びの参考にしてください。

・フリーランス

フリーランスの定義は、特定の企業や団体、組織に所属せず、自らの技能を提供する個人事業主、ということになります。

この業態で仕事をする人をフリーランサーと呼び、このところ増加傾向にあります。現在日本で何らかのフリーランス的な仕事をしている人は約1200万人にものぼります。

一口にフリーランスと言っても、仕事のジャンルは多種多様で、ライターやデザイナーなどのクリエイター系、プログラマーや動画サイト制作などのIT系、通販などの販売系など、幅広いです。

自分のスキルや知識を分析し、向いていると思う仕事を選びましょう。収入面では、事業形態やその人の能力によって、かなりの幅があります。

平均年収でみると、個人経営、自営業者などの起業型の独立オーナーでは、年収400万円以上が多いですが、自由業型の専業フリーランスでは年収200万円未満が多く、約4割に至ります。

税理士や司法書士などの難易度の高い資格を持つ仕業を除き、フリーランスで安定した収入を得ることは簡単とは言えません。

・起業

社会不適合者の中には、個性が強く、独特のセンスを持った方も多くいます。組織が水に合わない、窮屈に思えて仕方ない、そう感じるなら、雇われる働き方をやめて、思い切って起業するというのも一つの道です。

もちろん起業にはリスクがつきものなので、なんでも起業すればいいというものではありません。

自分の得意分野はこれだ!というのがはっきりしていれば、その関連のビジネスでチャレンジするとか、以前からやってみたいと考えていたことがあれば、入念にプランを練った上で、行動に移してみるのもいいでしょう。

起業すれば、周囲の評価を気にする必要はなくなりますが、すべての責任は自分に返ってきます。

人のせいにしたり、言い逃れのできない状態になることで、自分の短所や弱さに気づき、改善につながることもあるかもしれません。

・ライター

文章を書いたり、何か企画を考えりするのが好きな人なら、ライターが向いています

紙媒体でのライティングは、経験者でないとハードルが高い面がありますが、WEB上のコンテンツやコラムの執筆を行うWEBライターなら、初心者でも比較的参入が容易です。

クラウドソーシングという、発注をネット上の専用サービスの仲介で得るサービスもあるので、そこにライターとして登録し、自分に合ったレベルの案件から手がけてみるのもいいかもしれません。

基本的に人と会わずに進められるスタイルなので、人付き合いが苦手な方でも心配する必要はありません。

他にも自分でブログを運営し、その広告収入をねらうアフェリエイトという手段もあります。ライターの仕事道具はパソコンがあれば大抵は事足りるので、初期投資もかからず、また肉体労働とは違って長く働ける点も魅力的です。

収入面では、年収数十万円から500万円とさまざま。収入を上げるには数をこなす必要があり、スピードも求められます。文章の巧みさや構築スキルはもちろん、パソコンの入力速度もカギとなってきます。コツコツと仕事を請けながら身につけていきましょう。

・デザイナー

 

デザイナーには、主にパンフレットやポスターなどの紙媒体を手がけるグラフィックデザイナーと、ホームページを作成するWEBデザイナーがあります。

デザイナーになるには、美大や専門学校で学ぶのが主流ですが、今はテキストやデザインスキル習得のためのサイトがWEB上にたくさんあり、独学でもデザイナーになれる道があります。

ライターと同様、クラウドソーシングで仕事を請け負うこともできるので、組織に所属せず、フリーとしてやっていくことも可能です。

自分のホームページを作ったり、クラウドソーシングでのデザインのコンペ案件に応募するなどして、自分のデザインスキルをアピールしていきましょう。実績ができれば、外部からの発注も見込めるかもしれません。

デザイナーの年収は200万円から500万円が平均。スキル次第でさらなるアップも見込めますが、WEBデザインは競争が激化していることで、報酬は下がり気味の傾向にあります。

・プログラマー

プログラマーなどのIT系の業務は、アウトソーシングが盛んな分野であり、スキルがあれば個人で請け負うことも可能です。

仕事は基本、仕様書に沿ってプログラミング言語を使い、黙々と作業していくことになります。

組織の中であっても人間関係の悩みも比較的少ないでしょう。ただプログラミングは、納期が短く厳しいものが多く、仕事内容もバグの修正の連続です。そういうことに対し、根気強く向き合える人でないと対応が難しいかもしれません。

年収は平均で300万円から1000万円と他の職種と比べて高めです。IT言語は種類も難度もさまざまなものがあるので、自分の能力をしっかりと見極め、ステップアップしていくことで、さらなる収入アップも目指せます。

・カウンセラー

自らの社会不適合者としての経験を踏まえ、カウンセラーとして同じ悩みを抱えた人の悩みを聞いたり、アドバイスを送ったりという道もあるかもしれません。

自分が経験しているからこそ、リアルで説得力のあるカウンセリングが行えるはずです。ただし、それにはまず、社会不適合者としての自分を克服する必要があります。

カウンセラーになるのに資格は絶対必要ではありませんが、公的機関や学校のスクールカウンセラーなどには臨床心理士が求められることが多く、大学で学ぶ必要があります。

年収のボリュームゾーンは300万〜400万円ですが、実力や経験によってかなりの差があります。

・動物関連の職

人間関係が苦手で苦しく感じるなら、動物を相手にする仕事を検討するのもいいでしょう。

動物関係の仕事といっても、獣医師や動物看護師などはハードルが高く、またペットショップの店員やトリマーなどの接客業は向いているとは言えません。

特別な資格のいらないものとしては、例えば動物園や水族園の飼育員、ブリーダーやトレーナー、動物調教師、害虫駆除の仕事などがあります。資格がいらないとはいえ、どれも専門的な知識は必要で、また採用人数も少なく狭き門ですが、動物が好きな方なら、通信講座で勉強したり、まずアルバイトとして体験してみるといったことから可能性を探ってみてはいかがでしょう。

・工場勤務

社会不適合者の人は、コミュニケーションが苦手であっても、特定の作業に集中力を発揮し、没頭できる人が高い割合でいます。

そんな方に工場での仕事は向いています。工場での業務は主に

「オペレーター業務(組み付け・組み立て)」、「検査業務」、「出荷業務」の3つがあります。

作業時は周囲とは最低限の会話だけをして、後はモクモクと業務を遂行するということになるので、単調作業が気にならない人には、快適な環境に感じられることでしょう。ただ多くの工場は2交代制などの交代勤務を敷いていて、忙しい時期は残業もあるため、肉体的にきつい面はあるかもしれません。

給与面では、工場勤務は給与が低いイメージがあるかもしれませんが、全産業の中で真ん中ぐらいの水準であり、60歳ぐらいまで安定して給与が上がり続けているデータもあります。自分なりの目標を設定してスキルアップに励むことで、継続へのモチベーションも生み出せます。

・警備員

警備員の仕事は多岐に渡ります。

ビルや施設、住宅の警備や、工事現場、イベント時の交通整理や誘導、現金や貴金属などを運ぶ輸送車の警備など。またボディーガードとして依頼者に付き添うこともあります。

警備員になるには通常、警備会社に勤めることが基本となり、研修を通して実務に必要な知識と技術を身につけていきます。

警備員の仕事の基本は「その場所にいること」であるため、全体的に勤務時間は長めです。ただ、警備するビルや施設などによって勤務時間が変わることも頻繁です。また待機時間も多く、特にやることなく時間が経つのをじっと待つという、また違う種類の集中力も求められます。そんな状況も気にならないという方なら、チャレンジしてみてはどうでしょう

・トラック運転手

トラックの運転手というと、どんなイメージでしょうか。

長距離の運転で体もきつそう。事故のリスクも怖い……という感じでしょうか。確かに長距離ドライバーはトラック輸送の大きな柱ですが、他にも関東圏内などで倉庫間配送を行う中・近距離ドライバーや、特定エリア内のみで完結する宅配ドライバーなど、種類は思った以上にあります。

ネット通販や個人取引の増加で、トラック輸送は増加傾向にあり、ドライバー不足が問題になっています。トラック運転手の平均給与は約400万円と、他業種と比べてそう差はありません。近距離よりは長距離、中型よりも大型トラックの方が収入は高くなります。

ドライバーの仕事は基本ワンマンであり、荷物を積み終わり、車を発進させれば、あとは目的地まで一人です。時間を守って荷物を届けることができるなら、何をしていても自由です。人間関係のわずらわしさから解放されたい人にとっては、快適な環境と言えるかもしれません。

・探偵・興信所

探偵業や興信所の仕事と言えば、一番多いのが浮気調査や失踪人の捜索、探し物などです。企業からの依頼で、雇用を検討している人材の経歴や問題がないかを調べることもあります。

小説や映画などの華々しいイメージと違い、実際の仕事は非常に地味です。しかし、社会不適合者の人にとっては、一人で行動し、それぞれのスタイルで任務を遂行できる探偵の仕事は、適性がマッチする可能性があります。

探偵になるには、探偵事務所に入ることが近道です。資格は必要ありませんし、未経験でも採用されることも珍しくありません。ただ、勤務時間は調査対象者の生活スタイルに合わせる必要があり、夕方から仕事が始まることや、時には夜を徹して、相手が帰ってくるのを待つといったことも珍しくなく、やり抜くには強い意志が求められます。

・郵便局の仕分け

郵便局での仕分け作業というと、年賀状の配達と並んで、年末年始のアルバイトというイメージがあるかもしれませんが、実は一年を通して募集しているところも少なくありません。

仕事内容は、手紙やハガキの郵便物を住所ごとに選別し、ボックスに入れていくというもの。通常は機械で分けていますが、機械では判読できない住所や名前も多く、それを人の手で分けるのです。東京や大阪などの大都市では郵便の量が多いため、仕分けを続けても対象の郵便物がなくなるということはないようです。

時給は東京で約1000円、時間も4時間程度から8時間のフルタイムも可能。単純作業の繰り返しなので、そうした作業への耐性がある人、人とコミュニケーションをあまりとりたくない人に向いています。

・電気検針員

電気検針員というのは、小型の機器を手に担当エリアを周り、各住戸の電気メーターを見て電気の使用量や料金を確認、電気料金のレシートを郵便受けに入れていくという仕事です。

このような検針員は、電気以外にもガス、水道にもあり、仕事内容は同じようなものです。業務の請負スタイルとしては、電力会社や公共機関から個人事業主が委託業務として行う場合や、委託会社からの募集でアルバイトとして従事したりとさまざまですが、待遇がいいのは個人事業主としての契約なので、興味があれば、近くの電力会社に直接問い合わせてみるといいでしょう。

仕事は歩合制の場合が多く、多く回れば回るほど収入になります。夏場などは強い日差しの中の業務は大変な面もありますが、業務時間もそれほど長くなく、自分のペースで仕事ができます。また、あまり人と関わらずに済むので人間関係のわずわらしさはありません。

・陶芸家

社会不適合者が持つ、好きなこと、関心ある事項に対しての集中力や没頭力。それが創作や芸術に関してのものならば、陶芸家などの道も仕事として考えてもいいかもしれません。

陶芸家の作業は、常に作品との真剣勝負。高い集中力を切らさず、器を成形し、火の温度や焼き方を調整しながら、高温の窯で焼き上げていきます。雑念を振り払って自分の世界に入り、一心不乱に作業に没頭しなければなりません。

陶芸家になるには美術系の大学や専門学校に行くか、陶芸家に弟子入りして働きながら学ぶという方法がありますが、弟子入りとなると、相性の問題もあり、コミュニケーションが重要になってくるので、社会不適合者には難しい面もあります。

さらに陶芸家として生活していくためには自分の工房を持つ必要がありますが、窯や陶芸の材料を揃えるにはかなりの資金がかかります。会社勤めが向いてないからと軽い気持ちで目指すものではなく、相当の覚悟を持って取り組まねば先は見えてこないでしょう。

・デイトレーダー

サラリーマンとしての蓄えなど、ある程度の資金があり、投資を考えているなら、デイトレーダーとして生活するというのも今の社会では不可能ではありません。

デイトレーダーとは1日以内、又は数日間の短期の株式売買やFXで運用益を上げる人を指す言葉。他に仕事を持ちながら運用する人を兼業トレーダー、投資のみで生活している人のことを専業トレーダーといいます。パソコンを見つめ、チャンスを的確に捉えて注文を出す。ここで求められるのも集中力です。そして、どこで利益を確定するか、損切りするか、それは自分の欲との闘いとも言えます。

デイトレードはうまくいけば、一日数分の実働で何万円もの利益を得ることも可能な世界。儲けも損も全ては己の責任であり、他人の干渉を嫌う社会不適合者には合った生き方と言えるかもしれません。しかしデイトレーダーで儲かっているのはごく一部、9割の人は損をしているとも言われます。リスクはしっかり認識しておきましょう。

目次へ

まとめ

社会不適合者の方の特徴や適性についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

社会不適合者が組織の一員として生きていくことにはさまざまな問題があることは否めません。しかし、自分の資質に合った仕事を選ぶことで、活躍できるチャンスはいくらでもあります。

社会にうまく適合できないということに落ち込むのでなく、それも自分の個性と認識して、生き方を考えてみることで可能性は生まれてくるはずです。