仕事辞めたいと悩む入社半年の新入社員が転職成功させる3つのポイント

入社して半年ほど経過し、 「試用期間には感じていなかった違和感を感じ始めた」 「ここで辞めてしまってもいいのか?」 と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 半年で仕事を辞める事には確かにリスクも存在しますが、決して間違った選択ではありません。 今回は、ストレスによって起こりうる体の異常と、入社半年の新入社員が転職を成功させる3つのポイントについてご紹介します。

この記事は約9分で読み終わります。

仕事を半年で辞めたいのは甘えではない。

まず初めに声を大にしてお伝えしたいのは、「仕事を半年で辞める事が甘えでは無い」という事です。

・働きはじめて半年で辞めたいなんて、忍耐力が足らなすぎるのでは無いか?
・「石の上にも三年」なんて言葉もあるし、もっと我慢すべきなのでは?

と、退職を考え始めると様々な考えが頭を過り、つい自分を責めてしまいますよね。
ですが、自己嫌悪に陥り過ぎて自身の発するSOSを無視してしまうと、大きな後悔をする事になるかも知れません。

■ストレスを溜め込み過ぎる事で起こる異常
「我慢して働き続けなければいけない」という状況にいると、自身の抱えているストレスゲージを見誤る事があります。
我慢は大きな苦痛を伴い、無理をし過ぎると、いずれ大きな異常をきたすことになりかねません。

ストレスを溜め込み過ぎる事で起きる異常は、大きく分けて5つです。

・うつ病を引き起こす
うつ病は、現代において身近な病気です。
日本では、100人のうち3人〜7人ほどの人がうつ病を経験した事があるそうです。また、近年では、うつ病を含めた気分障害を発症する患者さんが急増加しています。(参考:厚生労働省)

「やる気が出ない」「活力がない」「朝起きるのが辛い」「涙もろくなった」などがうつ病の初期段階であらわれる症状です。
このような症状が出ていたとしても、単にモチベーションが落ちているだけだと軽く考えてしまいがちですが、この初期段階で対処する事が大切になります。

周囲の人に「みんな同じだよ」などと言われ、「なぜ自分は頑張る事ができないのか」と自己嫌悪に陥ってしまう事もあるかも知れませんが、心のキャパや辛いと感じる心の感覚は人それぞれです。
「会社に行くのが辛い」「会社を辞めたい」という気持ちが強くなった場合には、転職に踏み切るのも一つの方法でしょう。

・自律神経失調症になる
自律神経失調症とは、ストレスや生活習慣が乱れる事で自律神経が乱れて、常に体の怠さや微熱を伴い身体的な不調があらわれるというものです。
内臓や器官にハッキリとした異常があらわれる訳ではないので、症状がとても不安定な上に、内科などにいっても診断されづらい傾向があります。

必要に感じたときには、専門のカウンセリングを受けるなど、しっかりと対処しましょう。

・摂食障害を引き起こす
忙し過ぎたり精神的に参ってしまうと、食欲が無くなって一気に体重が落ちてしまったり、もしくはストレスを感じると食欲が旺盛になって、思うままに食べ続ける事でストレスを発散し、胃腸に負担をかけ過ぎて吐いてしまう人がいます。

そのような症状が続くと、摂食障害を引き起こしている可能性が高いです。

摂食障害は多くの場合ストレスが原因となっているパターンが多いので、周囲の人からの理解とサポートが必要になります。

拒食症や過食症のような症状が出た場合には、体力があるうちにストレスの原因となっている事と向き合い、余裕を持って手を打つことをおすすめします。

・不眠症になる
「最近眠りが浅い」「眠れなくて辛い」ということはありませんか?
現在不眠症は国民病とも呼ばれ、5人に1人が睡眠に関する事で悩みを持っているといいます。(参考:厚生労働省)

職場でのイライラや将来への不安が原因で、不眠症になってしまう事が多くあります。

睡眠に関する悩みが一ヶ月以上続くようであればそうなってしまった原因を取り除く必要があるので、躊躇せずに心療内科や精神科などの専門医へまずは相談してみましょう。

・胃腸に異変をきたす
ストレスを溜め込み過ぎると、胃腸にも異常があらわれやすいです。

胃炎や胃潰傷など、毎日のように胃が痛んだり胸焼けのような症状が続くようであれば、まだ症状の軽いうちに病院で受診して対処するようにしてください。

体に異変をきたすほどのストレスは、自分で思っているよりも重篤な状況だといえます。
ストレスによる異常を見て見ぬ振りしていると、最悪の場合命に関わる事態にもなりかねませんので、初期段階のうちに専門医へ相談にいったり、状況を変えるための一歩を踏み出す事をおすすめします。

目次へ

仕事を半年で辞める時に注意点

仕事を半年で辞める場合には、

・転職をするときに不利になる可能性がある
・仕事を辞める前に立ち止まって考えよう
・退職を決めたなら円満退職を目指そう

などの注意点がありますので、それについて確認をしておきましょう。

転職をするときに不利になる可能性がある

まず、半年で仕事を辞めるにあたって懸念材料として“転職をするときに不利になる可能性がある”という事を考えなければいけません。

短期間で離職したという事実は、直後の転職活動だけでなく、将来長期間にわたって影響するという事を認識してください。

企業はできる限り長く働いて欲しいと考えています。なので、勤務年数が短ければ短いほど「せっかく入社したとしても、すぐに辞めてしまうのではないか?」と、採用に消極的になってしまう事があります。

また、転職活動の際に面接で退職理由について質問をされると思うので、それに対しての応答も考えておく必要があるでしょう。

仕事を辞める前に立ち止まって考えよう

仕事を辞める時、勢いで辞めてしまうのではなく一度冷静になって、

・今すぐ仕事を辞める必要があるのか
・転職先が決定してからでも遅くないのではないか
・本当に今の会社を辞めても後悔しないのか

という事を、今一度しっかりと自問自答してみてください。
その際に転職活動で不利になるかもしれないリスクを考えた上で、退職をする正当な理由や、転職活動の時に面接官を納得させるような理由を探しましょう。

退職を決めたなら円満退職を目指そう

以上の事を踏まえた上で退職を決めたら、次のステップは円満退職を目指す事です。

円満退職をする為に大切なポイントは3つです。

・就業規則の確認
退職を決めたらまずは、就業規則を確認しましょう。
就業規則は働いている時はなかなか確認する事はないと思います。なので改めて就業規則を確認し、会社の定めたルールに沿って退職の手続きを進めるようにしてください。

大抵の場合は退職の一ヶ月前までに申し出るという規定が多いですが、会社によって変わる事もあるので、しっかりと確認する事が大切です。

・退職届を正しく書く
退職届を正しく書く事で、余計なトラブルなく円満な退職が可能になります。

退職届の書き方をご紹介します。

用意するものは、白地の縦書きの便箋と、黒色の万年筆かボールペンです。

表題として“退職届”と書きます。
“私事”もしくは“私儀”で書き出し、退職理由として“一身上の都合により”と書きましょう。
次に届けを出す年月日を書き、自分の属している部署とフルネームを書いたら捺印します。
最後に、会社の名前と社長の名前を書けば完成です。

・会社への不平不満は言わない
退職となると積もった不満を漏らしたくなるかもしれませんが、会社を納得させる為には建前も必要です。
退職の説明の際にもネガティブな言葉は避け、当たり障りない理由を告げるようにしましょう。

円満に退職できる説明の例としては、

「自分自身を見直してよく考えた結果、今の仕事とは別の分野にチャレンジしたいという気持ちが抑えきれず、退職を決意致しました」
「両親ともに高齢となった為、介護をする必要が出てきてしまったので実家に戻る事にしました」

など、納得せざるを得ないような表向きの理由をあらかじめ考えておくと、スムーズに話す事ができます。

以上の事を意識して取り組む事で、円満に退職する事ができるでしょう。

もしも辞意を伝えるのが難しい状況であれば、“退職代行”というサービスを活用するのもオススメです。
退職代行サービスは、「会社を辞めたいけど言い出せない」「辞意を訴えたものの、受け入れてもらえなかった」という場合に非常にありがたいサービスです。

退職代行サービスが会社と自分の間に入る事で、問題となっていた事が解決できる事もあるので、視野に入れてみる事をオススメします。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
退職完了までの流れ

LINE@で無料相談

無料相談で納得出来たら申し込み

料金を振り込む
(※万が一退職出来ければ場合は全額返金)

「辞めるんです」担当者が会社と退職の手続き

自分は何もせずに退職完了!

今すぐLINEで無料相談

目次へ

半年で転職をするときのポイント

半年で仕事を辞めて退職した人が、転職成功させるためのポイントを紹介します。

・改善したい事を明確にする
・将来のビジョンを明確にする
・ながら転職をする

以上の3つのポイントを押さえる事ができれば、会社選びに失敗したり、転職を繰り返すなどの悪循環にハマることはありません。

転職活動をする前に準備をしよう

転職活動を始める前に、ポイントを意識して準備をするようにしましょう。

■改善したい事を明確にする
まずは自分が今の会社のどんな部分に不満があり、どこを改善したいのかを明確にする必要があります。
なんとなくの理由では、せっかく転職してもまた同じ事を繰り返しかねません。

今ある不満を確実に改善できる会社に転職する為にも、自分の求めているものや解決したい事を明確にする事がとても大切です。

■将来のビジョンを明確にする
改善したい事と同時に、自分の将来のビジョンについて考えて、真剣に自己分析してみましょう。

・将来自分はどんな方向性に向かいたいのか
・5年後や10年後の自分はどう在りたいか

という事を考え、目先の事にとらわれずにしっかりしたキャリアプランを立てる事で、己の仕事観が確立されて逆境にも強くなれるはずです。

■ながら転職をする
短期間での転職は、どんなに正当な理由があったとしても、転職の際にネガティブな印象を与えてしまいます。

ですので実際に転職活動を始めてみて、

・転職してみたいと思える求人があるか
・実際に応募してみて、手ごたえはどうか
・面接官の反応はどうか

など、様々な事を体感してみましょう。

もしも結果が出ない場合でも、仕事をしながらであれば切羽詰まる事もありません。
余裕を持てる分、広い視野で転職活動を行う事ができるので、リスクヘッジできます。

転職エージェントを活用しよう

転職の際には、転職エージェントを活用するのもオススメです。

転職エージェントを活用する利点としては、

・転職のために必要なサポートを無料で受ける事ができる
・自分に合った求人を紹介してもらえる
・サポートがあるので、転職に成功する確率が上がる
・会社の評判を聞く事ができる
・自分のキャリアに自信がなくても転職に成功しやすい
・煩わしい手続きが必要なくなる

などなど、転職エージェントの手厚いサポートを得られる事で、苦労も多い転職活動がかなり楽になります。

自身のキャリアについての相談や、面接や試験の対策をしてくれるので、自分一人で転職活動を行うよりもずっと心強いですし、自分の強みを知れる事で自信をつけられます。

また、HPやネットには公開されていないような、非公開の求人を紹介してくれる事もあるので、思いも寄らない好条件な求人と出会える事もあるのが嬉しいところです。

DYM就職_バナー
  • 第二新卒に強い!就職までサポート
  • 書類選考なしで面接可能!
  • ・日本全国に5拠点!地方在住でも利用可能
  • ・相談からの就職率は驚異の96%
今すぐDYM就職に無料登録

目次へ

まとめ

ストレスを溜め込む事で起きる異常と、円満退職の方法、入社半年で転職を成功させるポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

半年で仕事を辞めて転職をするというのは、思っていたよりも難しい事もあるかもしれません。
ですが、切羽詰まらないようにあらかじめ準備をしながら、転職エージェントなどの便利なサービスを活用して、本当に自分が活躍できる居場所を掴みましょう。