仕事を入社3年目で辞めたいと考えたらこの記事を見よ!

「石の上にも3年っていうけど、そろそろ限界かも」 「たった3年目で仕事辞めたいって、考えが甘いのかな」 3年目というとまだまだ短いと考える方も多いですが、社内の辛さも現実の厳しさもある程度経験し、辞めたいと考えている方も多いのが現実です。その証拠に3年以内の離職率はおよそ3割。新卒で入社した方の3人に1人は3年以内で退職していることになります。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137940.html(厚生労働省) 今回は、入社3年目で仕事を辞めたいと考えている方のために、自己分析を含めて確認しておくべきことをまとめました。退職は人生における大きな分岐点。ぜひ最後までご覧くださいませ。

この記事は約6分で読み終わります。

仕事を入社3年目で辞めたいのはあなただけではない

入社3年目ともなると、社内の人間関係や仕事の楽しさや辛さや慢性的な飽きなど、辞めたいと思う理由は多岐にわたります。言い換えると、この会社でずっと続けていきたいと考えている人の方が少ないでしょう。

では、実際に仕事を辞めたい理由を挙げてみることにします。

自分は甘い?3年目で仕事を辞めたい理由

3年目で仕事を辞めたいなんて、自分は甘いのではないかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?しかし3年目だからという理由だけでは甘いことにはなりません。まずは辞めたいと思う理由から確認していきましょう。

・仕事内容

「考えていたものとは違った」
「上司と合わない」
「そもそも自分に向いているとは思えない」
など、まずは実務における不満が挙げられます。所属部署についても会社員の場合、上司の命令が絶対であるため逆らうわけにはいきません。会社に不満はないけど、やりたい仕事ができない、というジレンマに苦しむ方も少なくありません。

・労働時間

ブラック企業の体制に苦しむ方もまだまだ多いのが現実で、労働時間に関しては問題が根強く、既定の労働時間を守るよう、国は施策を考えてはいますが、問題の根絶までには年数がかかるのが実状といえます。

・キャリア成長が望めない

入社時には誰もが明るい未来を思い描き、会社の役に立とうと意気込むものですが、年数を経ることで厳しい現実を目の当たりにし、モチベーションは低下。

毎日同じような作業の繰り返しや、悪い人間関係による弊害により、自身のキャリアアップを望めない環境に身を置く方も多いのが実状です。

目次へ

入社3年目で仕事を続けるべき?辞めるべき?

では、石の上にも3年と言う言葉も空しく響く昨今、入社3年目で仕事を続けるべきなのでしょうか?それとも辞めるべきなのか。それはもちろん、置かれている環境や将来のビジョンにより異なりますよね。ひとつずつ確認していきましょう。

仕事を続けるべき場合

まずは入社3年目で仕事を続けるべきなのはどんな方でしょう。

・ストレスが会社内の異動で解決される可能性がある

辞めたい理由が所属部署によるものである場合は、続けるべきといえます。
なぜならそのストレスは部署移動により解決するからです。直接上司に相談するもよし、実務でコツコツアピールするもよし。まだまだ続ける理由の多い状態です。

・将来のビジョンが明確ではない

何らかの不満により辞めたいと考えているだけの場合は、続けるべきといえます。

なぜなら、今の会社を退職し転職したとしても同じようなストレスに苦しむことになるからです。その場合は”辞めない理由”を探してみると、”辞めたい理由”よりも多い場合があるため、リストアップしてみることをおすすめします。

転職をするべき場合

続いて入社3年目で転職をするべきとしたらどんな方が当てはまるのでしょうか。

・解決できない問題を抱えている

退職する以外に解決できない問題を抱えている場合、転職をするべきでしょう。
「労働時間が長く、睡眠もままならない」
「上司のパワハラが酷くうつ状態になっている」
「給料が少なく生活が苦しい」
など、今の職場ではどうしても改善できない問題がある場合は、転職を考えるべきです。

・違う業種や職種につきたい

入社時は特になかった「やりたいこと」が見つかり、その職種に転職したい、チャレンジしたいと考えている場合は転職をおすすめします。なぜなら、他にやりたいことがある状態では、いずれ退職することは予想できますし、早い方が次の職種でのキャリアアップに繋がります。

・将来ビジョンが明確になっている

入社時にはなかった将来のビジョンが、年数を経る事で明確になり、そのビジョンに合わせて行動したいと考えるなら、転職するべきでしょう。なぜなら将来のビジョンに向かって邁進することは毎日の充実度に影響します。

また、中途半端で無謀な夢を描くことではなく、現実的な将来のビジョンは、実現することが可能。行動できるかできないかでその後の人生を大きく左右します。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
退職完了までの流れ

LINE@で無料相談

無料相談で納得出来たら申し込み

料金を振り込む
(※万が一退職出来ければ場合は全額返金)

「辞めるんです」担当者が会社と退職の手続き

自分は何もせずに退職完了!

今すぐLINEで無料相談

目次へ

入社3年目で転職するときのポイント

ここからは、入社3年目で転職するときのポイントを解説していきます。ここをきちんとおさえておくことで、転職で失敗するリスクを軽減できます。

自己分析

退職理由や将来の展望など、面接時に必ず聞かれる事項です。きちんと自己分析を行うことは必要な準備といえます。

・3年間何をしてきたのか

今の職場において、自身のキャリアを振り返り、経験により得たもの、苦しんだことや浮き彫りになった課題などを箇条書きにしてまとまておくと良いでしょう。

・3年間で何を成長したのか

約3年間の勤務により成長したことを分析します。実務におけるレベルアップ、職場での人付き合い、社会人としての一般常識が身に付いたなど、些細な事でもリストアップしてみましょう。

・将来ビジョンに対して自分はなにが足らないのか

まずはきちんとした将来のビジョンはありますか?もしも曖昧な部分があるならば練り直しましょう。具体的なら具体的なほど良いです。

注意すべきは、抽象的にならないようにすることです。抽象的なビジョンは実現できるか否かが曖昧になりがちです。具体的かつ現実的な将来のビジョンを意識し、書き出していくことで明確になっていきます。

第二新卒に強い転職エージェントを選ぶこと

企業は下記の理由から、第二新卒を採用する動きが活発です。

・社会人としての基礎ができている。
・転職をするという判断力・行動力がある
・中途採用とは言え若く、会社になじみやすい
・将来のビジョンがあり、やる気がある。

そのため第二新卒に強いエージェントを選ぶことが重要です。

・第二新卒を求めている案件が多いエージェントを選ぶ

まずは第二新卒を求めている案件の数が多いことは選ぶ上で重要です。なぜなら将来のビジョンが明確になっていることで、案件数が少ないと条件に合った企業が見つからない場合が考えられるからです。

・複数のエージェントと接触をする

案件はエージェントにより異なるため、複数のエージェントと接触しましょう。転職は人生における大きな分岐点。しっかりと選べる環境を作りましょう。

・エージェントの情報だけではだめ

エージェントは転職する上でメリットが多く、結論を言えば利用するべきではありますがエージェントの情報だけを頼り信じ切るのは危険です。自身でも情報を集める努力を怠らないようにすることも大切です。

DYM就職_バナー
  • 第二新卒に強い!就職までサポート
  • 書類選考なしで面接可能!
  • ・日本全国に5拠点!地方在住でも利用可能
  • ・相談からの就職率は驚異の96%
今すぐDYM就職に無料登録

目次へ

まとめ

入社3年目で仕事を辞めたいと思うこと自体は決して悪いことではありません。今後仕事を続けるにしても転職する場合でも、自己分析と将来のビジョンの確認は今後の人生において大きな意味を持ちます。
ぜひ参考にしていただきたく存じます。
最後までご覧いただきありがとうございます。