仕事を辞めたいほど辛いときどうする?辞めるべき理由とは?

「最近仕事が辛い。正直辞めたい」 社会人であれば誰でも一度は、仕事が辞めたいと考えたことはあるのではないでしょうか? 今回は仕事が辛く、本気で辞めたいと悩む方へ。 辞めるべき理由について解説していきます。 ぜひじっくりとお読みください。

この記事は約5分で読み終わります。

自分は甘い?他の人はどんな事考えている?

入社時は希望に満ち溢れ、どんなことでも前向きに取り組めていたものの、時が経つにつれ少しずつ問題が浮き彫りになり、さまざまな悩みへと変わります。

・人間関係

退職理由として代表的なのが人間関係のトラブルです。
毎日通い続ける職場でのトラブルは仕事に悪い影響を及ぼし大きなストレスとなってしまう恐れもあります。

・社内環境

さらには社内の環境も辞めたいと考える理由のひとつ。
社風や風土に馴染めない、年功序列制度や給与面の不満なども簡単に解決できない問題です。

・業務量

ブラック企業が深刻な社会問題になっていますが、拘束時間やパワハラによる業務量の問題も個人で解決するには困難を極めます。

仕事が辛い、辞めたいと思う理由は多岐にわたるので、辞めたいと考えることは決して甘いわけではなくどんな人でも何かしらの悩みを抱えているといえるでしょう。

目次へ

仕事が辛くて辞めたいなら辞めるべき!

石の上にも三年という言葉があるように、日本では長く続けることこそが正しいとされてきました。

しかし近年では、就いた仕事が自分に向いているかどうか、続けるべきかどうかは1年で判断できるという声も多くなり、柔軟な考え方が必要とされ始めています。

辛いなか無理をすると心身共に壊す可能性がある

過労が社会問題になっていますが、辛いなか無理をすることで心も体も危険な状況に陥る恐れがあります。仕事が辛くて辞めたいと考えている方は特に注意するべきでしょう。

・我慢をして働き続けるのは大きな苦痛

会社の愚痴をいいながらも長年務めている人が大半ですが、本当の意味でストレスを抱えている人はそうはいきません。これから何十年も勤め続けられるかを考えるべきであり、答えがノーならば行動に移す準備をするべきでしょう。

・無理をすると心身を壊す原因になる。

胃潰瘍やうつ病など、会社でのストレスが起因して発症する人が後を絶ちません。
病気にかかってしまっては、その後の活動に大きく影響するため注意が必要です。

・辞めたいと考えながらする仕事

辞められない使命感や上司に対する恩義など、仕事が辛い反面、辞められない理由があるという人も少なくありません。とはいえ辞めたいと考えながらする仕事では、充実感や達成感よりも憂鬱感が
勝り、やはりストレスが蓄積する結果となります。

退社するのが気まずいと感じるなら退職代行がおすすめ

退職がどうしても言い出せず、ずるずると時間だけが過ぎてしまっている人も少なくありません。
そんな方は退職代行がおすすめ。

退職する際は就業規則を確認しましょう。一般的には退職の2か月前に上司に退職する旨を伝える必要がありますが、社内の状況や人間関係の状態により言い出すこと自体、相当な勇気が必要ですよね。
退職代行なら全てを任せることも可能。ぜひ検討してみてください。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
退職完了までの流れ

LINE@で無料相談

無料相談で納得出来たら申し込み

料金を振り込む
(※万が一退職出来ければ場合は全額返金)

「辞めるんです」担当者が会社と退職の手続き

自分は何もせずに退職完了!

今すぐLINEで無料相談

目次へ

転職をするなら転職エージェントがおすすめ

転職をするのであれば転職エージェントがおすすめですが、今度こそ失敗したくないですよね。
ひとりでハローワークなどを訪問し転職先を探したり、求人広告とにらめっこするのはあまり効率的ではありません。

転職エージェントを利用することで、これまでのキャリアを活かしたり、アドバイザーにより様々なアドバイスを受け取ることができます。

しかしその前に、やっておくべき準備があります。

転職活動をする前に準備をしよう

転職活動をする前に、必要な準備は以下の通りです。

1. 退職の正当な理由
2. 自己分析
3. 将来のビジョンを明確にする

ひとつずつ解説していきます。

・退職の正当な理由

退職の正当な理由を用意しましょう。新たな就職先の面接時に詳しく質問されるため、信頼関係を築くために必要になります。

例えば一方的に会社を批判する内容は避けるべきでしょう。退職するという事実は、あなた自身にもなんらかの問題はあるはず。会社の良いところを上げながら自身の未熟さを理由にすることを意識することをおすすめします。

・自己分析

退職の正当な理由を考える際にも必要なのが自己分析です。
どのような職場を求めているのか、自分に足りないのはどんなことなのかを分析し、書き出しておきましょう。自己分析は、今後の就職活動を大きく左右します。

・将来のビジョンを明確にする

どのようなキャリアを積み、どのような未来を目指しますか?
将来のビジョンも面接時に詳しく聞かれることの多い事項ですので、できるだけ具体的にしておく必要があります。

転職エージェントを活用しよう

転職の準備が整ったら、転職エージェントの活用を検討してみてはいかがでしょうか。
転職エージェントの特徴は以下の3つです。

・キャリア相談ができる

これまでのあなたのキャリアを活かした転職を相談できます。個人で探すよりも圧倒的に効率的と言えます。

・面接などの対策が練れる

キャリアアドバイザーにより面接時の注意事項など、対策を練ることが可能です。人生の分岐点となる転職。プロにサポートしてもらえることは心強いですよね。

・非公開求人などを紹介してくれる

通常の求人広告では紹介されていない非公開の求人などを紹介してもらえる場合があります。自身のキャリアや将来のビジョンが明確であるほどマッチングの可能性は高まります。

DYM就職_バナー
  • 第二新卒に強い!就職までサポート
  • 書類選考なしで面接可能!
  • ・日本全国に5拠点!地方在住でも利用可能
  • ・相談からの就職率は驚異の96%
今すぐDYM就職に無料登録

目次へ

まとめ

仕事が辛く、辞めたいと思うことは未来を豊かにするためには必要な思考であるともいえます。今現在毎日の業務に疑問を感じ、胃が痛くなるようなストレスを抱えている人はすぐにでも行動に移すべきといえます。

しかし転職を決めた場合、会社を転々とするような結果にならないためにも転職エージェントを活用し、二度と失敗しないように準備することはとても大切です。
そのうえで明るい未来を目指し、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。