「看護師を辞めたい」やめても大丈夫?そんな不安にお答えします

看護学校に通い資格と取り、看護師になってみたけれど、実際に働いてみると本当に辛い。看護師を続けたくない。数年後も同じ仕事をやっている未来が見えない。あなた意外にもそう考えている看護師は少なくないはず。 実際にやめてしまう人もいらっしゃいます。 もしあなたが転職するならどんなところを気をつけるべきか。そしてあなたは転職しても大丈夫なのでしょうか。

この記事は約6分で読み終わります。

看護師の仕事が辛くて辞めたいのはあなただけじゃない。

看護師の仕事は辛いという人は多いです。だから辞めたいと思っているのはあなただけではありません。
看護師免許をもっていても、辛くて実際に辞めてしまい他の仕事をしている人もたくさんいます。
しかし辛くても看護師を続けている人もいます。なぜ看護師の仕事は辛いのでしょうか?

看護師の仕事が辛いと感じる理由

実際に看護師が辛いと感じている理由は
・人間関係
・業務量が多い
・仕事内容が神経を使う
という3つの理由があります。
看護師はたくさんの人に気を使わなければいけません。ドクターや患者さんに気を遣うのはもちろん。先輩や上司、さらには同僚にも気を使います。女性が多い世界であることも原因なのではないでしょうか
そして業務量が多すぎることも看護師が辛い理由の1つです。看護師が不足している病棟などでは、定時で帰れる事は難しいです。帰りが遅くなり終電になることも。そんな状態では辛いと感じるのも無理はありません。
さらに仕事内容は命を扱う仕事です。自分のミスが患者さんの命を奪うことになりかねません。ミスをしていなくとも昨日まで話していた患者さんが急に亡くなることもある。患者さんの死が辛いという看護師もたくさんいます。

看護師の離職率は高い?辞めた人の理由

日本看護協会によりますと数年前ですが、2017年は離職率は正規雇用10.9%、新卒7.6%です。参考:https://www.nurse.or.jp/up_pdf/20180502103904_f.pdf

看護師の離職率は低いといえます。
では実際に看護師を辞めた人はどんな理由は
・人間関係のトラブル
・結婚や出産
・キャリアアップ
・他の仕事がしたい
・夜勤が辛い
・体力がもたない
などの理由があります。
やはり人間関係で辞める人が多いようで、他にも女性社会であるために結婚や出産を機に退職をする人もいます。
さらに資格取得などのために一旦辞める人。他の仕事にも興味があり転職のためにやめる人。夜勤や体力仕事が辛くて辞める人など理由は様々です。

目次へ

看護師を続けるべき?転職するべき?

看護師が辛くて辞めたい、しかし本当に辞めていいものか。悩んでいる人も多いでしょう。そこで看護師を辞めていい場合と、まだもう少し看護師を続けるべき場合を分けてみます。

看護師を続けるべき場合

まだ看護師として経験が浅い場合は看護師を続けることをおすすめします。特に看護師歴が1年~2年未満の場合はまだ続けるべきでしょう。なぜなら看護師の仕事の魅力や価値について、まだ理解できていない可能性があるからです。
そしてミスが怖くて辞める人も続けたほうがいいでしょう。ミスが怖いのはどんな仕事をしても同じ。看護師を辞めてもこの怖さは克服できません。

看護師から転職をするべき場合

ではどんな人は看護師から転職すべきでしょうか?
それは看護師業務によって健康被害が出ている場合や、正しく給料が支払われていない場合。そして看護師の仕事が向いていないと感じている場合です。
看護師の中にはストレスなどにより鬱になったり、身体を壊す人もいます。その場合は早急に転職すべきです。病院から残業代などの給料が正しく支払われていない場合もすぐに辞めるべきでしょう。
さらに命を預かることに自信が持てないなど、看護師が向いていないと感じる人も転職をお勧めします。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
退職完了までの流れ

LINE@で無料相談

無料相談で納得出来たら申し込み

料金を振り込む
(※万が一退職出来ければ場合は全額返金)

「辞めるんです」担当者が会社と退職の手続き

自分は何もせずに退職完了!

今すぐLINEで無料相談

目次へ

看護師から転職をするときのポイント

もし看護師から転職をするならば、看護師をやめた時にあなたの状況はどう変わるかについて、そして転職において注意すべき点について知っておきましょう。

看護師から転職をするときの注意点

看護師から一般職に転職するときは、収入が減る可能性があると理解しておきましょう。
看護師の初任給は他の業種に比べて高い。ですから転職とともに収入が下がる可能性があります。月に数万円も収入が下がれば生活レベルを下げる必要があります。
そして転職で失敗しないためには、退職理由を明確にし、自分がなにをしたいのか自己分析をする必要があります。
看護師をしていてなにが辛かったのかを明確にして、転職先で叶えたいことを明確にしておく。そうすれば転職先で同じことで悩む可能性を減らせますし、生き生きと仕事ができる転職先を見つけられるでしょう。

専門職である看護師からの転職はエージェントがおすすめ

看護師が一般職に転職する場合は、転職エージェントがおすすめです。
なぜなら看護師から一般職に転職するにしても、あなたにどんな仕事が向いているのかもわからないでしょう。プロによる分析をお勧めします。
転職エージェントによって、求人の種類や分析力が違いますので、複数のエージェントに登録をしましょう。その中であなたに合う転職エージェントを見つけるのです。

■看護師のおすすめの転職エージェント
看護師は続けたいけど、職場を変えたい場合は看護師転職エージェントがおすすめです。中でも
・看護roo!
・看護のお仕事
が人気です。
「看護roo!」は担当者が面接に同席してくれるなど、サービスの手厚さが特徴です。
「看護のお仕事」は最大手の転職エージェントで非公開求人の多さが魅力です。

■看護師から一般職に転職する際におすすめの転職エージェント
一般職に転職したい場合は、一般職向けの転職エージェントに登録しましょう。
・マイナビジョブ20’s
・就職shop
の2つがおすすめです。

マイナビジョブ20’sはマイナビが運営する20代向けの転職エージェントです。
就職shopは未経験職種から正社員を目指すための転職エージェントです。
それぞれ複数登録して実際に面談をして、あなたのニーズに合うエージェントを選んでみましょう。

DYM就職_バナー
  • 第二新卒に強い!就職までサポート
  • 書類選考なしで面接可能!
  • ・日本全国に5拠点!地方在住でも利用可能
  • ・相談からの就職率は驚異の96%
今すぐDYM就職に無料登録

目次へ

まとめ

看護師の仕事はとても大変で、仕事が辛くてやめたいと思っている人は少なくありません。しかし経験が浅い状態ですぐに辞めてしまうのはもったいない。できれば数年は経験して、仕事の魅力などを理解してからでも遅くはないでしょう。
もし長く続けたけど合わないから辞めたい、もしくはまだ経験は浅いけど、体を壊しそうだ。という方はすぐにでも転職すべきでしょう。
転職するのなら自己流で転職活動するのではなく転職エージェントへの登録をおすすめします。