仕事を辞めたい!でも不安がたくさんで前に進めない人がチェックすべきこと

もう「仕事を辞めたい!」と感じることがある人は多いでしょう。毎日の業務を繰り返している中で、人間関係などのトラブルから、仕事を辞めて新しい環境にしたいと思うのです。しかし同時に不安があるので、中々次のステップへとは進めないことがあるのです。仕事を辞めたいと思いながらも、不安を感じる際の対処法を解説します。

この記事は約5分で読み終わります。

仕事を辞めたいという理由を分析する

仕事を辞めたい、でも不安だと感じてしまう理由を分析してみましょう。もちろん仕事を始めてすぐに辞めたいと感じさせる理由もありますし、時間が経過するにつれて徐々に辞めたいと思わせる理由もあるでしょう。

主に人間関係のトラブルと、残業の多さが大きな要因となります。いずれにしても、仕事を辞めることと不安の間で、気持ちの揺れが生じるのです。

人間関係のトラブル

職場での人間関係のトラブルは、職場を辞めたいと感じさせる大きな要因となります。最初は小さなトラブルであっても、積み重なって、また年数が経過するにしたがって、大きな問題になることがあるのです。

もちろん相手が無意識でしている言動が、ストレスの原因ということもあります。もし意図的に嫌がらせを受けているのであれば、さらにストレスが溜まります。上司がトラブルを解決できれば良いですが、上司がトラブルの原因であるというのもよくある話。転職をすべき程の悩みなのか、今一度考慮してみると良いでしょう。

異常な残業

さらに別の退職を考えさせる要因は、残業が長いということです。労働時間が長いだけでなく、残業も長くなると、ストレスの原因となります。労働基準にも違反していますし、体力や気力を削ぐ原因となるからです。

平日もほぼ終電で帰宅をし、休日も出勤をする時もあるならば、身体も精神も疲弊してしまうことでしょう。長時間の労働は、精神疾患の原因ともなるからです。体力も気力も根を上げてしまうと、仕事を辞めたいと思ってしまうことが多いです。

目次へ

今持っている不安を解消する方法

では、すでに持っている不安に関しては、どのように対処できるでしょうか?ここでは、お金の不安と次の仕事が見つかるかの不安の2つのポイントを見ていきます。

お金の不安への対処法

貯蓄を使って転職までの生活を補えるのかが、主なポイントです。現在ある貯蓄を再度計算してみて、転職までの生活が可能なのか検討してみましょう。

お金がそれほどないのであれば、先に転職活動をスタートさせて、転職先を見つけてから退職をすることも可能です。転職先が見つかっているならば、無職の期間を減らせるので、お金の不安が少なくなるでしょう。

もし転職までの期間が長くなるかもしれないのであれば、失業保険の申請などをして、生活資金を工面することができます。状況によって変わりますが、制度を利用して生活資金を確保することも方法です。

次の仕事が見つかるかという不安への対処法

次の仕事が見つかるかという不安へは、求人を見ておき転職先を見つけることが根本的な解決方法です。もし現職が専門職なのであれば、次の職場もすぐに見つけられるでしょう。

もし転職先の当てがないのであれば、転職エージェントを利用することで、スムーズな転職が可能となります。

例えばdodaを使えば、10万を超える求人の中から、自分に合うものを提案してもらうことが可能です。キャリアアドバイザーが自分に合った企業に転職できるように、サポートしてくれるので心強くなります。転職支援サービスを利用するのも、次の転職先が見つかるかという不安への対処方法となります。

DYM就職_バナー
  • 第二新卒に強い!就職までサポート
  • 書類選考なしで面接可能!
  • ・日本全国に5拠点!地方在住でも利用可能
  • ・相談からの就職率は驚異の96%
今すぐDYM就職に無料登録

目次へ

仕事を辞める前にすべきこと

仕事を辞める前にしておくべきことも見ておきましょう。辞めてからでは遅いものもあるので、仕事を辞めたいなら気を付けておきます。

有給休暇を消化・残業代の確認

まだ使っていない有給休暇を消化することや未払いの残業代があるかの確認が必要になります。

有給休暇は使うのが申し訳ないと感じるかもしれませんが、使う権利があるものです。6か月以上勤務しており、全労働日の8割出勤しているなら、誰でも取得できるもの。仕事を辞めようと思っているなら、遠慮なく有給休暇を申請して消化しましょう。

もし消化できないなら、その分を買い取ってくれるシステムがある会社もあります。ただし例外的なものですので、可能なら有給休暇は消化しておきましょう。

また未払いの残業代も、2年という時効に注意しながら過去の分も調べてみます。もし未払いがあるなら、請求することが可能です。これらは、退職してからでは遅いので、辞める前に確認しておきたい事項です。

失業保険や減免の手続き

退職してからは、失業保険の申請を行います。転職までの期間が空くのであれば、雇用保険に入っていると、失業保険を受け取ることができるからです。

また税金や年金の減免手続きもしておきたいものです。急に収入が減少した場合には、年金や税金の減免制度の恩恵を受けることができるので、負担も減らせるでしょう。

多くの場合、滞納をする前に相談をすることで、事前に考慮してもらうことができます。それで滞納をするのではなく、納税の調整ができないか相談してみるのをおすすめします。

目次へ

まとめ

仕事を辞めたいと思っていても、不安があるならばどのように対処できるかを見てきました。貯金を計算し転職期間を計画し、転職エージェントなどを利用することで、スムーズに転職することが可能となります。

また実際に退職する時には、有給休暇や残業代、失業保険などをチェックしておくと、退職に関わる不安を払拭できるでしょう。仕事を辞めたいと感じているには、大きな理由があることでしょう。転職をすることで、抱えている不安やストレスを解消できないか考慮してみるのをおすすめします。