【仕事辞めたい】体調不良が理由なら辞めるのが賢明!対処法と転職の方法は?

仕事を一生懸命しすぎて体調不良になってしまい、仕事を辞めたいと考えたときどのように対処すれば良いのでしょうか?そこで今回は、体調不良が原因で仕事を辞めたいときの対処法と転職の方法について紹介します。

この記事は約5分で読み終わります。

仕事を辞めたい!体調不良になる本当の原因

仕事を辞めたいと思うような体調不良というのはどうして起こるのでしょうか?体調不良の原因としては、さまざまな理由があるようです。ここでは、体調不良になる本当の原因を紹介します。

仕事の量の問題

体調不良になる原因として、仕事量の問題があります。仕事量が多いということは、体調不良になる原因となります。

人手不足の会社やもともと規模の小さい会社では、1人当たりの仕事量が多くなりがちですが、仕事量の増加は基本的にマネジメントをする会社の責任です。

また、仕事量が多いだけであれば体調不良にならないこともありますが、残業が多くなると体調不良が起こりやすくなります。残業が多いと睡眠時間が少なくなりがちで、体への負担が大きくなってしまうのです。

収入が少ない

体調不良の原因として、収入の少なさがあります。一見収入は体調不良と関係なさそうですが、実は収入が少なくなるとお金のやりくりが難しくなっていくので、ストレスがかかります。ストレスが体調不良の原因となることもあるようです。

収入が少ないと日々の生活費を稼ぐのも大変です。お金が足りなければ副業をしなければいけない状況に陥りますが、残業が多いと副業をするのも難しいですし、無理をすると体調不良になる危険性があるのです。

人間関係が悪い

人間関係の悪化によって体調不良が起こることもあります。人間関係の悪い環境というのは、非常にストレスが溜まりやすいです。ストレスが溜まってしまうと体調不良の原因になります。

また、社内の雰囲気が悪いと萎縮しやすくなってしまい、最終的には体調不良になってしまうのです。

目次へ

身体がアピールする限界のサインとは?

仕事を一生懸命しすぎて体調不良になることがありますが、身体が出す限界のサインとは何なのでしょうか?ここでは、身体がアピールする限界のサインを紹介します。

不眠になる

体が出すSOSサインに「不眠になる」ことが挙げられます。ストレスがかかり続けると不眠になるケースがあるので注意が必要です。精神的に不安な状態が続いてしまうと、不眠症になりやすいと考えられています。

もし、不眠症になってしまうと日中の仕事にも影響が出るでしょう。日中の仕事中に眠たくなってしまい集中できなかったり、体調不良を併発したりする可能性もあります。

自律神経を壊す

体が出すSOSサインとして、自律神経を壊してしまうということがあります。体調不良を訴えて検査をしても異常が見つからず、微熱や倦怠感を感じるケースも。

その他にも、頭痛や吐き気、めまいや肩こりなども症状に含まれます。自律神経は一度乱してしまうと回復するのが難しいです。

目次へ

体調不良が原因で退職する方法

体調不良になってしまった場合には退職するという判断も必要です。では、どうやって退職すれば良いのでしょうか?ここでは、体調不良が原因で退職する方法を紹介します。

事前に体調が悪いことを伝える

体調不良が原因で仕事を辞めるときには、上司に事前に体調が悪いことを伝えることが大切です。体調不良を治すために治療に専念したいという意思を伝えましょう。

ちなみに、会社によっては体調不良といっても辞めさせてくれないケースもあるようです。場合によっては診断書を用意しておくとスムーズに退職することができます。

スムーズに退職するのに退職代行がおすすめ

体調不良が原因で仕事を辞めたいけど、人手不足や上司に引き止められるなどして辞められない人もいるでしょう。そんなときには、退職代行の利用がおすすめです。

退職代行の中でもおすすめなのが「辞めるんです」と「EXIT」です。「辞めるんです」では、会社への連絡を担当者が代わりに行ってくれるため、退職まで基本的に会社と連絡を取る必要がありません。トラブルに心配もなく、スムーズに退職することが可能です。

「EXIT」では、相談した当日に対応してもらえるので、早くスムーズに退職することが可能です。早く退職できるので、先のキャリアへ向けて前向きに取り組むことができます。なかなか仕事を辞められないときには、退職代行の利用がおすすめです。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
退職完了までの流れ

LINE@で無料相談

無料相談で納得出来たら申し込み

料金を振り込む
(※万が一退職出来ければ場合は全額返金)

「辞めるんです」担当者が会社と退職の手続き

自分は何もせずに退職完了!

今すぐLINEで無料相談

辞める理由を分析し転職をスタートさせる

転職をスタートさせるときには、なぜ辞めるのか理由を分析することで無収入の期間を短くすることができます。また、退職することが転職に不利になると考える人もいますが、退職した理由が明確になっているのであれば転職で不利になることはありません。

ただ、体調を崩しているなら、体調を回復させてから転職活動を行うことをおすすめします。体調を万全にして転職活動をした方が冷静に物事を判断することができるのです。

ちなみに、転職するなら転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用すれば面接対策や求人情報を入手することができるので、転職活動の手助けとなるでしょう。

DYM就職_バナー
  • 第二新卒に強い!就職までサポート
  • 書類選考なしで面接可能!
  • ・日本全国に5拠点!地方在住でも利用可能
  • ・相談からの就職率は驚異の96%
今すぐDYM就職に無料登録

目次へ

まとめ

ここまでで、体調不良が原因で仕事を辞めたいときの対処法と転職方法を紹介しました。体調不良になってしまったときには、無理をしすぎないことが大事です。

体調不良になったらまずは体を治すことを最優先して、その後から転職活動をするようにしてみてください。