仕事を辞めたいが次がない場合は詰んでしまった!?スムーズに転職する方法

仕事を辞めたいと思っていても、次がないので辞められないケースがあります。辞めるのであれば、「転職先を見つけないと」と感じていることもありますし、会社のことなどを考えて辞められないと思うこともあるでしょう。次がないと感じている場合に、できるステップを詳しく解説します。

この記事は約5分で読み終わります。

仕事を辞めたいが次がないと考える人が陥る思考

仕事を辞めたいと思っていても、次がないと行動できないと考えている人の悩みの種を見ていきましょう。普段は意識していなくても、心の底で以下のように考えているかもしれません。

会社に迷惑がかかる

最初に思っているのは、会社に迷惑がかかることを心配して、辞められないということ。責任感が強い人の場合には、会社への影響を考えると辞めることを躊躇するかもしれません。しかしよく考えたいのは、体調を崩しても会社が何かしてくれるわけではありません。

仕事を辞めたいと思っている理由が、長時間労働にしても、精神的につらいというものでも、ストレスを抱えている状態では社会復帰が難しくなる可能性があります。精神的に病んでしまう前に、職場を変えてしまう方が、長期的に考えると良いのです。

会社に迷惑がかかると考えて、身体に無理をして働き続けるよりも、転職をする方が良いのです。無理をし続けることで、働き続けるのに必要な健康が損なわれる可能性があります。

家族に迷惑がかかる

別の退職を躊躇させる考えは、家族に迷惑がかかるというものです。仕事を辞めてしまうことで、収入が減少します。一人暮らしなら責任がそれほどないとしても、扶養家族がいるならば、生活費を賄う必要があります。

転職先が決まっていないという次がない状態で、退職して次の職場を探すのは難しいと思ってしまいます。退職してしまいたいと感じていても、実際の行動に移すのが難しくなる原因となります。

まずは家族に相談をしてみて、同意が得られるのかを聞いてみると良いでしょう。自分ではだめだと思っていても、家族の同意があるならば、「いつでも辞めることができる」と思えて、気持ちが楽になる可能性もあります。

目次へ

仕事を辞めたいが次がない場合はどうする?

仕事を辞めたいと思っていても次がない場合には、どうするのが良いでしょうか?仕事を辞める前に踏むべきステップを解説していきます。

どのくらいお金が必要なのか計算する

仕事を辞めることによって、どのくらいのお金が必要となるのかを最初に計算しておきましょう。次がない状態では、転職先が見つかるまで収入が少なくなる期間が生じます。どのように生活資金を用意するのかを、考慮しておきましょう。

もし休職していたり、退職していたりするのであれば、アルバイトなどで資金を確保することも考えることができます。また失業保険なども、雇用保険に入っていると当てにすることができるでしょう。

もちろん制度を利用しても、これまでの収入と同じ額にはならないでしょう。どれほど差があり、転職期間はどのくらいにするのか、計画を進めることをおすすめします。

次の転職先を決めてしまって試しに働いてみる

次の転職先が決まっていないなら、転職エージェントなどを使って、転職先をまず決めてしまうのも1つの方法です。ある程度の条件を見たしている会社なら、入社してみてから、本命の会社を探すということもできます。

もちろん手間はかかりますが、次がない状態でもがいているよりも行動してみる方が大切です。本命ではないと思っていた会社でも、働いてみると意外と楽しく仕事ができる可能性もあるのです。

他にも、契約社員などとして働き始めて、後から正社員になるという場合も考えられます。今の職場を辞めたいという気持ちが強いなら、いくつかの方法を試してみて、自分に合った会社探しができるでしょう。

目次へ

仕事を辞めて転職活動をスタートさせる

本格的に仕事を辞めて転職活動をするには、先に転職先を決めておくパターンと、退職してから転職するパターンがあります。

次の転職先を決めてから退職する方法

退職する前に、次の転職先を見つけてから退職するのも1つの方法です。現状では次がない状態でも、これから行動を起こすことで、退職に備えることができます。

転職先も、友人などが働いている会社で募集をしていないか確認をしたり、求人情報などを探したりするという方法があります。もっと効率の良い方法として、転職エージェントを利用して、転職先を探すことができるでしょう。

転職先を見つける当てがなくても、多数の求人の中から自分に合った会社を見つけられるまでサーポートしてくれるので、スムーズに転職できます。例えば、dodaでは非公開の求人まで含めると10万件の求人があります。全国の求人の中から、自分の条件に合った企業を探すのに、大きな助けとなるサービスです。

DYM就職_バナー
  • 第二新卒に強い!就職までサポート
  • 書類選考なしで面接可能!
  • ・日本全国に5拠点!地方在住でも利用可能
  • ・相談からの就職率は驚異の96%
今すぐDYM就職に無料登録

次がないまま退職する方法

次がないまま退職をしてしまっても、必ずしも不利になるわけではありません。どうしても、次がないなら退職できないと考えてしまいます。それでも無理をして働き続ける方が、身体を壊してしまい、長期的に働けなくなる可能性があるのです。

退職すら難しいならば、退職代行サービスを利用することができます。「辞めるんです」は、100%の退職率を誇るので、ダメだと思っていた方でも安心して退職できるサービスです。

退職が難しいと感じていても、実はサービスを利用することで、意外なほどスムーズに退職できるのです。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
退職完了までの流れ

LINE@で無料相談

無料相談で納得出来たら申し込み

料金を振り込む
(※万が一退職出来ければ場合は全額返金)

「辞めるんです」担当者が会社と退職の手続き

自分は何もせずに退職完了!

今すぐLINEで無料相談

目次へ

まとめ

仕事を辞めたいと思っていても、次がないと感じている場合の対処法を解説してきました。家族に相談をしてみて、どのくらいのお金が必要なのかを計算すれば、意外と次がない状態でも転職活動をスタートさせることができます。転職サービスや退職代行サービスを利用することで、働きやすい環境へと変化させましょう。