仕事辞めたい!辞めれる方法を一緒に考えましょう

目次1 仕事を辞めたいけど勇気が出ない。なぜ?2 仕事を辞めたいと言う勇気が出ないときの考え方3 まとめ 仕事を辞めるこ … 続きを読む 仕事辞めたい!辞めれる方法を一緒に考えましょう

この記事は約5分で読み終わります。

仕事を辞めることを上司に伝える時期は、本当に辞めるという意思が固まったときです。まだ迷いがあるうちは言わないことを選択しましょう。迷いがあるうちに上司に辞めたい旨を話してしまうと、引き留められてしまうためです。

今後、仕事を辞めたいと言い出しにくくなり、社内での自分の居場所がなくなってしまう可能性も高いです。

しかし、逆に遅すぎてもいけません。

辞めたい意思が固まっているのに、ずるずると続けて先延ばしにしていても状況が好転することはまずありえないでしょう。

法律的には上司に退職の意思を伝えてから2週間後には退職可能です。

しかし、引き継ぎなどがあるため、円満に辞めるには1~2ヶ月前には退職する旨を伝えるのがおすすめです。

実際に退職の話を切り出す際には、メールや電話ではなく直属の上司に口頭で直接伝えます。

今の仕事を辞めたい!円満退職するための退職理由とは

役職の人や社長などに言うのは避け、直属の上司に先に言うことを心がけます。上司に言いにくいからといって、同僚や先輩に対して相談するのも控えた方が無難です。上司に伝える前に噂になったりトラブルの元になったりすることがあり、円満退社が難しくなります。

上司があまり忙しそうでないときに、「お話があります」と言って時間をとってもらいましょう。

他の同僚などにバレないよう、落ち着いて話せる場所を選びます。個室や会議室などを使うといいでしょう。上司に伝える際は下手な言い訳をせず、ストレートに退職の意思を伝えることが重要。

辞めたいと感じる会社は、上司は考え直すように説得を試みたり、引き留めようとしたりすることが多いです。昇給の話や好きな部署への異動の話を匂わせることもあります。しかし、本当に実現するとは限りません。ここに残ると決めた瞬間「そんな話したっけ?」と言われることが想像できます。

退職の意思が固まっているのであれば、うまい話に乗らずにしっかりと断りましょう。

退職理由を聞かれたら、個人的な理由を言うのが望ましいです。個人的な理由であれば、昇給や異動などの話で引き留めにくく、上司や会社側も仕方ないと感じて円満退社もしやすくなります。

しかし、その嘘をつくのであれば、理由を奥深くまで考えておく必要があります。仕方ない理由であれど、どうしてそうなるのか、本当に辞めなければいけないほど仕方のないことなのかほとんどの会社が聞いてきます。その時に口ごもってしまったり、考えていたりするとうまく転がされてしまうかもしれないので、しっかりとストーリー仕立てで考えておくのがおすすめです。

給料や人間関係など、会社に対して不満があって辞めたい場合でも、退職理由としては言わない方が無難です。

仕事を辞めると打ち明ける方法

目次へ

仕事を辞めたいけど勇気が出ない。なぜ?

仕事を辞めたいと思っているにもかかわらず、上司に言い出せない主な理由は生活環境が変わることでしょう。

上司に退職の意思を伝えたら、会社では引き継ぎを進め、欠員補充のため新規求人を募集するでしょう。あなたは転職活動をして、新しい職場で活躍していくことになります。

新しい職場で上手くやっていけるかどうか不安な人もいるでしょう。

人間は基本的に変化を避けようとします。少し会社に対して嫌気が差した程度では、今のままでいたいと考える人が多いです。生活環境が変わるのが怖くて仕事を辞めたいと言えないのであれば、まだ退職の意思が固まっていないのかも知れません。

退職の意思が固まっていても、気が小さくて勇気が出ない人もいます。上司に引き留められることを想像して二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。

仕事を辞める時の理由

  • 引き留められて結局辞められなかったら気まずい雰囲気のまま会社に残ることになってしまいます。上司が怖くて言い出せない人も多いです。仕事を辞めたいと言ったら、怒鳴ってくるかもしれません。しかし、そんな上司のもとで働きたくないと感じて辞めるのだから押し切ってでもやめましょう!

他によくある理由は会社に迷惑をかけてしまうためです。自分が辞めたら、上司や同僚が困るのではないか、会社で仕事がまわらなくなるのではないかと想像するでしょう。社会人としての自覚が強く責任感のある人ほど、会社への迷惑を気にしてしまいます。

しかし、実際そんなに残ってほしいほど仕事のできる人はいません。

仕事を辞めるのにベストなタイミングとは?円満退職のための打ち明け方

目次へ

仕事を辞めたいと言う勇気が出ないときの考え方

1年後や2年後に新しい職場で活躍している自分を想像してみれば、重い腰も上がることが多いです。そして次のような考え方をするといいでしょう。

勇気が出なくて仕事を辞めたいと上司に言えないときには、少し考え方を変えてみることが大切です。1年後や2年後の自分を想像してみましょう。今の仕事を辞めて新しい職場でやりたい仕事に就き、活き活きと活躍している自分をイメージすれば、前向きな気持ちで退職の意思を伝えられます。

会社に対する迷惑を気にするのであれば、それほど心配する必要はありません。

「辞めます」と言って、突然明日から来なくなるとさすがに混乱するかも知れませんが、きちんと引き継ぎをして辞めるのであれば問題ありません。法律上は2週間前までに退職の意思を伝えればいいことになっています。1~2ヶ月程度前に伝えるのであれば、十分に会社に対して配慮していると言えるでしょう。

会社にとってみても、嫌々仕事をしている人を雇っているのは、あまり好ましい状況ではありません。上司や人事担当者も、嫌々仕事をするくらいなら辞めてもらって新しい人を雇いたいと考えるでしょう。

辞める意思が固まっている様子が分かれば、上司も無理に引き留めようとせず、すんなりと受け入れてくれることが多いです。

転職したい!辞める方法から転職の方法まで詳しく紹介!

目次へ

まとめ

仕事を辞めたいことは、なかなか言い出しにくいですが、言わないことには次の一歩を踏み出せません。

退職の意思が固まっているのであれば、先延ばしにせず直属の上司に伝えましょう。引き継ぎさえきちんとしていれば、上司も会社もそれほど困りません。腰が上がらない場合には、なるべくプラス思考で考えていきましょう!

転職を必ず成功させる!その秘訣とは!