仕事に行きたくないと思うほど人間関係に悩んだら

人間関係はどんな組織であっても悩みの種になりがちです。それが仕事となると、さらに複雑な感情が生まれることから、人間関係も複雑になります。 年齢と実力の関係で、嫉妬されたり、上司と部下の合う合わないなど様々なパターンが考えられます。人間関係は悪化しやすく、改善しにくいもの。仕事に行きたくないほど仕事場の人間関係に悩んだらぜひこの記事を参考にしてみてください。人間関係の悩みや、対処法、転職のおすすめ情報についても紹介します。

この記事は約8分で読み終わります。

職場の人間関係のお悩み

一言に人間関係の悩みといっても、上司、部下などどの関係の人との人間関係なのかで悩みの内容も違うでしょう。理不尽な上司や、生意気な後輩、そりの合わない同僚。同性には当たりのきつい人や、逆に甘すぎる人もいます。さて、世間で働いている人はどんな人間関係に悩んでいるのでしょうか。

人間関係で仕事を辞めたい人はこちらの記事も参考にしてください

上司

まずは一番悩みやすい上司との人間関係についてみていきましょう。どんな上司とトラブルになりやすいのかを見てみましょう。

⇒上司がきらいで転職するのはありなのか

理不尽

上司が指示したことに従ったら、ミスにつながってしまった、という場合に、自分の非を認めず、部下のせいにしたりする上司とは悩みの種になりがちです。業務以外での雑務指示や矛盾した内容の業務を振ってくるような上司もいます。また、前回指示してきた内容と違うことを言われると、なかなか上司を信頼して仕事を進めることができません。

自分のやり方を押し付ける

自分の仕事にプライドを持っている人の中には、自分の仕事方法が一番だと考える人がいます。このタイプの上司は、部下の仕事の仕方に口を出します。みんなそれぞれ自分のやりやすいやり方で仕事をしたいものです。しかし、いちいち自分の仕事を押し付けてくる上司は嫌われ、毎回毎回口を出されると信用されていないのかと悩みの種となってしまいます。

人によって態度が変わる

これはひいきをするような上司のことを言います。また、上司のさらに上の人など上層部には、頭が低いのに部下にはひどく横柄な上司は部下からも嫌われているものです。人によって態度が変わる上司には、特に否定的な態度を取られる部下にとっては大きなストレスとなるでしょう。

感情的

何かトラブルが起きたり、ミスが発覚した時に感情的になる上司は悩みの種です。すぐに怒鳴ったり、怒りを爆発させることで、事後処理に回れなかったりすることもあります。感情的になると、指導ではなくただの罵声になることもあるため、何度も感情的に怒鳴りつけてくる人は悩む原因です。

仕事ができない

上司であるにも関わらず、部下よりも仕事のできない上司に対して、部下は多くが何もできません。注意も指導もできず、上司がミスした後始末や濡れ衣を着せられることもあります。年功序列が厳しい企業では、年を重ねることで昇進でき、実力をあまり考えずに役職につけてしまったことで、仕事はできないまま。このような上司の下では、自分の力は発揮しにくくなってしまいます。

仕事終わりや休日に飲み会の強要もやめたくなる職場の特徴です。

目次に戻る

女性の多い職場

同性同士、特に女性が多く集まると何かとトラブルが起こりがちです。うわさ話や悪口、何人かのリーダーを筆頭にしたグループ派閥、古くから務めるお局様の存在など。男性にはわからない世界だとしても、社内でバチバチした雰囲気があるのは、気分が良いものではありません。グループに所属したり、リーダー格の人に従いたくない場合、従わなかった人をのけ者にしたり、悪いうわさをしたりネチネチ批判するということもあるようです。

目次に戻る

職場の人間関係で悩んだ時の対処法

続いては、人間関係に悩んだ時に実践してみたい、対処法をご紹介します。基本は、無理をしたり、考えたりし過ぎないということです。

負担が大きければ休む、ということも選択肢にあることを忘れてはいけません。自分の中だけで抱え込まずに、上手く悩みやストレスを処理する方法を試してみましょう。

人との距離感

問題の人と付き合わなければならない時の対処法として、相手の良いところを見つけて少しでも気持ちを楽にする方法があります。しかし、必要以上に仲良くなる必要はありません。自分の負担にならないように、コントロールできるのが一番です。

女性の多い職場は悪口や派閥がある、というお話をしましたが、男性にない、というわけではありません。飲み会の席や、仲の良いグループでのうわさ話はよくあるものです。うわさ話が好きな人がいる一方、こういう話が嫌いな人も多いのではないでしょうか。こういった場合には、仕事上の人間関係は業務中のみ、と割り切ると良いでしょう。人との距離感は自分の気持ち良い程度にコントロールしないと、人間関係の悩みは尽きないことになってしまいます。他人と自分を比べず、自分に自信を持ちましょう。

体を壊す前に会社を休む

上司の強要や理不尽に対して、我慢ができなくなった場合などには、会社を休むことも1つの方法です。大きなストレスが続くと、消化器官が弱くなったり、精神病、摂食障害などの体調不良につながる可能性があります。会社を休むことは悪いことではありません。本当に追い詰められるまえに、つらければ休んでも構わないのです。そのために、有休も存在しています。他の人が取っていないから、有休が取りにくいという意見もあるようですが、有休取得ができるならしっかりと自分の権利を主張しましょう。

信頼できる人に相談する

人間関係の悩みは、人に話すことで、しんどい気持ちが軽減されたり、良いアドバイスを貰えてたりするものです。違った経験をした人間は、自分とは違う意見や解決法を持っているかもしれません。上司のことであれば、他部署の上司や自分の上司よりも高い地位にいる上司に話を聞いてもらうのも良いかもしれません。その場合には、本人に知られるとさらなるトラブルのもとになる可能性があります。だれかに相談する場合には、公言せずに裏で相談するのがポイントです。

発散できる場所を持つことはとても大切

仕事は毎日行かねばならず、多くのストレスがあります。そのため、趣味や食事など、自分だけのストレス発散法を持つことは大切です。また、人生は仕事だけでできているわけではありません。仕事の人間関係はあくまでも、仕事場だけのもの。プライベートの人間関係に重きを置いておけば、仕事上の人間関係トラブルも何でもないことのように思えてくるはずです。

仕事のスキルを磨く

仕事に口を出してくる上司や、嫌味な悪口を黙らせるには、仕事で好成績を出すのが一番です。仕事ができるようになれば、自分を取り巻く人間関係も変わってきます。また、自分自身も周りに強く出ることができるのです。上司よりも高い役職に昇進するかもしれません。仕事に真摯に取り組み、同僚に頼られたり、後輩にアドバイスを求められるような立場になれば、改善される人間関係も多いのではないでしょうか。

自分の意見を言う

理不尽なことや、気分を害されるような人間関係には時には、強気な自分も必要です。意見を言わなければいけない時には、きちんと自分の意見を言いましょう。敵をつくるためでなく自分を守るために、礼儀やマナー、相手の立場を考慮しつつ、正しいと思ったことを発言するのは時には必要なのです。その発言がきっかけで、周りに認められる存在になるかもしれません。

目次に戻る

思いきって転職するのもあり

一方で、悩みを抱えたまま、働きづらい職場で我慢すること自体もストレスです。我慢できなかったり、理不尽や強要が過ぎる場合には、転職を考えましょう。まず考えたいのは、自分がどうしたいのかということです。

悩んでいる人間関係と、仕事を天秤にかけてみましょう。また、その人間関係が改善されるような内容なのかもポイントです。派閥やグループの闘争、悪口などは完全になくすことは難しいでしょう。理不尽であったり、仕事ができない上司というのを、会社が全く把握していないということはないでしょう。会社全体が自分に合わない、会社に悪いところを自浄しようという流れがない場合には転職を考えることをおすすめします。

自分が持っている案件が、クライアントが…と不安に思うこともあるでしょう。しかし、会社は一人ぐらい抜けたって大した問題ではないのです。逆にその人が抜けたことでつぶれる、というような状態の会社にいる方が危険です。仕事に注力できる環境で働く方が、よっぽど今後のスキルアップにつながります。

ここで注意したいのは、辞めると決めてからの行動です。先に辞めてしまったら、給料の切れ目ができてしまいます。いつまでも内定が決まらないと、妥協して入社、結局自分に合わなかったという結果になりかねません。悩んだ末に退社を決意したら、転職活動をまず始めましょう。そして、内定が決まり、入社日も決まってから今の会社には退職を相談しましょう。この時は最低でも1カ月前に言うのがマナーです。

当サイトのおすすめエージェントはDYM就職

面談から転職完了まで、あなたの転職を最後まで丁寧にサポートしてくれます。何があっても費用は一切かからないので、迷ったらまずはDYM就職へ登録することをおすすめします。

DYM就職_バナー
  • 第二新卒に強い!就職までサポート
  • 書類選考なしで面接可能!
  • ・日本全国に5拠点!地方在住でも利用可能
  • ・相談からの就職率は驚異の96%
今すぐDYM就職に無料登録 DYM就職の詳細を見る

どうしても今すぐに会社を離れたいなら

もう会社に行きたくない」「少しでも早くこの会社を離れたい!」という方には、退職代行サービスを利用するという手もあります。

あなたの代わりに会社と退職手続きを進めてくれるので、あなたはもう会社に行かなくてもいいんです。

辞めるんです_バナー
  • ・利用者の退職率は驚異の100%
  • 24時間LINE相談!即日退職も可能
  • ・有給サポートで実質負担額無料の場合有
  • ・3万円全額返金保証で万が一の場合も安心
退職完了までの流れ

LINE@で無料相談

無料相談で納得出来たら申し込み

料金を振り込む
(※万が一退職出来ければ場合は全額返金)

「辞めるんです」担当者が会社と退職の手続き

自分は何もせずに退職完了!

今すぐLINEで無料相談 辞めるんですの詳細を見る

目次に戻る

まとめ

人間関係の悩みはどこに行っても付き物ですが、よりよい環境で働くことは、人生を豊かにするはずです。退職を決めたなら、転職エージェントに相談し、不安な転職活動をサポートしてもらいましょう。無料で利用でき、転職のプロがその人に合ったアドバイスをしてくれます。人間関係で悩んだ末に退職を決めたことも相談すれば、人間関係を含めた職場環境に配慮がある企業を中心に就職活動が進められます。自分の進退に迷った時に、解決はできないのか、我慢はできないのか、転職すべきなのか、決めるのはあなた自身です。自分の将来をゆっくり考えてみましょう。